あなたの心のマンガ図書館:すやまたくじです。

漫画やアニメをより楽しむための記事をお送りしています。

今回のテーマは、そんな新刊注目マンガ、9月中旬編ー!

今月はラブコメラッシュがすごいんです♪

そんな2020年9月中旬の注目作をピックアップしました。

動画解説:【ラブコメ新世代】9月中旬新刊おすすめ漫画紹介『100カノ3巻、カッコウの許嫁3巻、久保さんは僕を許さない3巻』(約18分)

目次

9月中旬新刊おすすめ漫画紹介『カッコウの許嫁3巻、彼女、お借りします17巻、100カノ3巻』など

9月上旬編に続いて、今回もやっていきましょう!新刊ピックアップシリーズ。

今回の対象は2020年9月11日~20日発売の週刊少年マガジン・週刊少年サンデー・ゲッサン・ヤングジャンプなどの新刊注目コミックス。

中旬はマガジン・サンデー・ヤンジャンを中心にラブコメが集まりがち。

今回はその中から注目作のみをピックアップして28作品を発売日順に紹介します。

また、ブログ版、そして動画の概要欄にも今回紹介した作品をまとめて掲載。新刊も発売日に試し読みできるようになっているので、気になる作品があったらそちらをチェックしてください。

>>最新作も含むベスト版漫画おすすめランキングへ

>>アプリ・電子書籍のおすすめランキングへ

9月11日ゲッサンなど

まずは9月11日発売のゲッサンなどの新刊から。

創世のタイガ 7巻

この作品のみ講談社系。

普通の大学生グループが石器時代にタイムスリップしちゃうSFサバイバル。

最初は生き残りに必死なんですけれど、滅びたはずのネアンデルタール人が逆に生き残ったホモサピエンスに攻勢をかけてくるというどうやら歴史と違った動きが見られる。

相手側にももしかして未来人がいるのか?という疑惑が深まる第7巻。

 

信長協奏曲(コンツェルト)20巻

信長のそっくりさんの現代人がタイムスリップして信長と入れ替わる。アニメ化もテレビドラマ化もされた人気シリーズはまだまだゲッサンのエースとして君臨中。

武田を滅ぼし、物語がいよいよ佳境へ。

本物の織田信長が明智光秀と名を変え仕えている、本能寺の変がどうなるのかが一番気になるところ。

 

味噌汁でカンパイ! 10巻

幼馴染の女の子が味噌汁を中心としたご飯を作って世話を焼いてくれる。

読むと心がほっこりするグルメ日常系。

シチュエーション的にはラブコメにも突入しそうですが、いかせねえよ!と言わんばかりに優しい雰囲気重視。

二人の関係はゆっくりと進めるのがサンデー系の特徴。

マガジン系とかなら、逆にすぐにラブコメ展開突入なんですがw

ラブコメよりも逆にこういうほっこり雰囲気が好きといった人たちに支持されている作品です。

 

金剛寺さんは面倒臭い 最終7巻

空前絶後のギャグラブコメディがついに完結!

このマンガがすごい2019で第2位に輝く、わたくしも個人的に特集を組んだ作品でしたが、ざんねんながらブレイクする前に終わっちゃいましたね。

絵はクセつよですが、展開とか絵の見せ方とか破天荒そのもの。

読めばクセになるのは間違いないと思うのですが…悔しいです!

 

ウタカタノミナト 1巻

終わりあれば始まりあり。ゲッサンの新連載ラブコメ始まりました。

魚が苦手な主人公が海の底の竜宮城的な場所に連れて来られる。

そこにいるのは一見人間だけど、実は深海魚な女の子たち。

魚嫌いな主人公はその中から一人ヒロインを選ぶまで地上に帰してもらえないという、強制深海ハーレムラブコメ爆誕す!

 

9月16日週刊少年ジャンプ

続きましては、スケジュールの都合で本来は上旬編の週刊少年ジャンプから1作品。

ONE PIECE(ワンピース)97巻

今回のワンピース新刊はスケジュールの都合で、いつもの上旬じゃなくて16日発売なのでご注意を。

もはや当たり前となった大記録をさらに伸ばすのはほぼ確実。

なんといっても1巻あたりの売上でもあの勢いに乗る鬼滅の刃よりも売れてますからね。

 

9月17日週刊少年マガジン

続きましては、中旬編のエースである週刊少年マガジンの新刊を。

炎炎ノ消防隊 25巻

累計発行部数も1000万部を超えたももはやマガジンのエースとなったダークファンタジーバトル。

新しめの作品でありながら、アニソン総選挙でも第10位に入る快進撃。

その割には日本の深夜アニメの層の間ではあまり話題となっている感じがしない不思議な作品。

見てる層が違うんでしょうか。

 

ダイヤのA act2 23巻

マガジンだけでなく、もはや野球漫画界のエースとなりつつある作品。

今回の創聖高校編も含め、2年生編の予選も熱い夏になりそうです。

 

東京卍リベンジャーズ 19巻

ヤンキー×タイムリープの新感覚SFもいよいよクライマックスへ。

わたくしも大好物な作品ですけれど、これをアニメでどう仕上げてくるのかが気になるところ。

 

生徒会役員共 19巻

特盛の下ネタコメディはまだまだ終わらない。

延期になった劇場版アニメも来年早々発射寸前で待ち構えています。

 

彼女、お借りします 17巻

お待たせるかちゃんファン。おひさしぶりのるかちゃんが表紙に戻って来た。

そして水着!ということで、アニメでも大人気なるかちゃんを、作者もやっとプッシュする気になったのか。

メインヒロインということで、水原の表紙率が非常に高いのですけれど、アニメの感想とかを見る限り、人気投票したら、るかちゃんが勝つんじゃないのかな?という雰囲気。

逆にるかちゃんをプッシュしろとまでは言いませんが、もうちょっと水原の率を下げて、他のヒロインが登場する回数増やしてもいいのではと。

 

彼女、人見知ります

お待たせ墨ちゃんファン。かのかりの隠れヒロイン墨ちゃん主役のスピンオフが出ちゃいます。

本編では出番少なめの彼女のコミュ障な日常コメディが見れる。

しかもこれ、よくあるスピンオフと違って作者本人が積極的に関わっているのが大きな違い。

一応、作画協力は入ってますが、週刊連載抱えているのに大丈夫なのか?

 

カノジョも彼女 2巻

すでにかのかりというラブコメエースもいながら、次のラブコメがもう育っているのも週刊少年マガジンのスゴイところ。

もしかしたら、すでに週刊少年マガジンのラブコメ黄金期は始まっているのかもしれない。

そんな新時代の一つが空前絶後のラブコメディ、カノジョも彼女。

三角関係なんて知ったこっちゃねえ!と言わんばかりに、いきなり堂々と二股宣言!

そして、三人で同居まで始めちゃうよというもはやとどまることを知らないラブコメがここにあります。

 

カッコウの許嫁 3巻

マガジンのラブコメ次期エースはこのカッコウの許嫁に内定していると言っても過言ではない。

1巻が出た時点で最近のマガジン作品の記録を次々と塗り替えるほどの売れまくり。

その勢いはアニメ化前のかのかりはもちろん、五等分の花嫁以上。

これだけ売れているんで、アニメ化の話も進んでいると思います。

あとはいつのタイミングでアニメを出してくるのか?

そして、アニメ制作会社も大事だよと。

かのかりの五等分の花嫁もビッグネームじゃなかったから、そろそろマガジンもジャンプみたいにビッグネームを起用してもいいんじゃないかなと。

わたくし的には『ニセコイ』も担当したシャフトが、今度はマガジンのラブコメも担当するのを見てみたいですが。

 

9月18日一迅社

ここからは9月18日発売の一迅社の注目作を。

私の百合はお仕事です! 7巻

百合を演じる喫茶店を舞台にしたコメディと見せかけて、実は本物もいるよという展開で笑いとシリアスをミックス。

ここに来て表紙通りのシリアス値が上昇で、エモエモエモ!そして百合百合百合な展開が熱い。

 

私に天使が舞い降りた! 8巻

ロリッ子に恋した女子大生のコミュ症お姉さんの日常コメディ。

アニメ化で人気に火が付いて、そして8巻も出たよ。

これでいつでもアニメ2期行く準備OKです。

 

9月18日週刊少年サンデー

続きましては、9月18日発売の週刊少年サンデーの新刊を。

BE BLUES!~青になれ~ 41巻

サンデーを代表する本格サッカー漫画。

人気的にはもっと前にアニメ化しても良さそうなものですが、内容的に深夜アニメ全盛の今だとなかなか厳しいものがあるのか。

朝とか夕方アニメが全盛時代だったら、とっくにアニメ化してそうな作品なんですけどね。

 

保安官エヴァンスの嘘 13巻

モテたいがために保安官になった男のハードボイルドコメディ。

外見はハードボイルドを装っているけれど、その中身はモテることで頭がいっぱい。

そんな男のギャップで笑わせるコメディ。

テーマは大好物なんですけれど、絵がハードボイルドを活かし切れてないように感じる。

 

天野めぐみはスキだらけ! 21巻

サンデー伝統のライトなお色気ラブコメに、ムチムチヒロイン投入致しました。

気付けばサンデー連載中のラブコメの中では一番古い作品となりました。

けれど、今のところアニメ化の予定なし。

ムチムチのヒロインをアニメで動かしてみる、わたくし的には面白いんじゃないかなと思いますけれど。

 

古見さんは、コミュ症です。 18巻

だから、いつアニメ化決まるんじゃーい!

と叫ばずにはいられないサンデーを代表する人気シリーズ。

パンチの効いたキャラの笑いと、時折見せるラブコメで胸キュンも見せてくる。

そんな感じで初期からサンデーの中ではトップクラスに売れていたのに、なぜか他の作品の方がどんどんアニメ化が決まる。

とはいえ、アニメ化して欲しい漫画第1位に選ばれたということで、さすがにもうアニメ化の話を来ていると思うんですけれど。

 

9月18日ヤングジャンプ系

続きましては、4連休の影響でいつもより発売日が早い9月18日発売のヤングジャンプ系などの注目新刊を。

ライフル・イズ・ビューティフル 最終6巻

射撃というマイナースポーツと女の子の日常コメディをミックスさせたライフル・イズ・ビューティフル。

アニメ化もされてこれから!と思ったら、今回で最終巻。

アニメが思っていたより跳ねなかった影響なのか?それとも、元々の予定通りなのか。

 

キングダム 59巻

大人がいっちゃん好きな歴史系バトル漫画。

毎巻毎巻がクライマックス。

今回も熱い展開を見せてくれるのは間違いない。

 

ゴールデンカムイ 23巻

金槌でど突いちゃダメ!

日頃は異色のコメディなノリでありながら、バトルはハード一直線。

アニメ3期ももうすぐ放送開始ということで、さらに原作の売上にもブーストかかるでしょうか。

 

BUNGO―ブンゴ― 24巻

中学のシニア野球をテーマにした作品。

人気の野球とはいえ、展開は王道的。

さらに、定番の甲子園ではなくて中学のシニアという地味めなテーマということで、最初は目立たなかったですが、キャラと試合展開で魅せてじわりじわりと人気を上昇。

今ではヤングジャンプの軸の一角となる売上となってきました。

 

君のことが大大大大大好きな100人の彼女(100カノ)3巻

タイトルや絵からどうせいつものハーレムラブコメでしょ?…と思った方はちょっと待ったコール!

こちら王道ハーレムラブコメとは決定的に違う部分があります。

よくある主人公好きな女の子が寄ってきて、主人公は誰も選ばずにストーリーが進んで行く…という展開ではないから。

主人公は神様にご褒美として運命の人100人を用意される。

その内の一人を選ぶといかいう生易しいものではなくて、選ばれなかった子は死んじゃうということで、全員と付き合ってさらに幸せにしないといけないというハーレムラブコメハードモード。

そのため、主人公は運命の子を見つける度にガンガンにアタックし、さらにハーレムに入ってもらうために説得しないといけないというアグレッシブ主人公となっています。

結果、「次にくるマンガ大賞2020」のコミックス部門では第2位を受賞、コミックスの売上もガンガン伸びております。

 

久保さんは僕を許さない 3巻

周りに気付かれないモブ主人公を常に見つけて絡んでくるクラス一のヒロイン。

いわゆる高木さん系のいちゃいちゃラブコメですね。

しかも、他の作品と違ってこちらは女性作家ということもあるのか、ヒロインの可愛さと優しさがちょいと一味違う見せ方をしてくる。

そんな久保さんにハマる人が男女共に続出。

結果、久保さんもコミックス売れまくり、次にくるマンガ大賞2020で19位にランクインしました。

100カノやかぐや様も含めて、ヤンジャンもちょいとラブコメが強くなってきました。

 

9月19日コミックゼノン系

最後は、コミックゼノン系の注目新刊を。

モブ子の恋 8巻

こちらは女性作家が描くラブコメじゃない方の恋愛もの。

脇役だって恋をするんです!をテーマに、自分のことをモブと思っているヒロインが恋を少しずつ進めていく物語。

ラブコメほどの激しさはないけれど、優しい世界の恋愛が覗けます。

女性向けレーベルの作品ですが、男性ファンも多い漫画。

 

終末のワルキューレ 8巻

神と人間のタイマンバトル、今度の戦いは大相撲史上未曾有の最強力士と呼ばれる雷電 爲右エ門(らいでんためえもん)VSインドの最強破壊神・シヴァ。

こりゃまたバッチバチの熱い戦いが見れそうです。

 

9月中旬新刊おすすめ漫画紹介『カッコウの許嫁3巻、彼女、お借りします17巻、100カノ3巻』などまとめ

9月中旬編はマガジンとヤンジャンのラブコメが熱い。
しかも、カッコウの許嫁・100カノ・久保さんは全てまだ3巻ということで、伸びしろしかない!

>>2020年9月上旬新刊マンガおすすめ紹介へ