あなたの心の大名作:すやまたくじです。

アニメや漫画をより楽しむための考察や解説をお送りしています。

今回は新記録達成の怪獣8号特集ー!

大名作に迫る!

今回はそんな怪獣8号の記録と、それがどれぐらい凄いのかを、他の名作マンガと比較しながら解説したいと思います。

動画解説:【漫画の歴史が変わる最速記録】鬼滅の刃・呪術廻戦・スパイファミリー超え【怪獣8号】が3巻で発行部数250万部突破(約12分)

怪獣8号が少年ジャンプ+史上最速記録を達成

怪獣8号とは、2020年から少年ジャンプ+で連載されている怪獣バトル漫画。

怪獣やその怪獣を退治する地球防衛隊が存在する世界で、その地球防衛隊に入ることを夢見る少年マンガでは珍しい32歳のおっさんが主人公。

そんな主人公が事故から自らが怪獣になってしまったけど、怪獣変身すると他の怪獣を一撃で倒せる強力な力も手に入れた。

その力を使って正体を隠しながら怪獣を倒しつつ、地球防衛隊に入る夢もあきらめない。

設定は同じジャンプのヒロアカやワンパンマンの要素を感じさせつつ、怪獣ものとしてはシン・ゴジラ以降のテイストを取り入れている。

その設定と派手なバトル展開がウケまくり。

いきなりバズったかと思ったら、テレビでも紹介されてさらに売れまくり、2巻で発行部数100万部突破。

そして、今回は少年ジャンプ+史上最速の3巻で発行部数250万部突破、1巻あたり83万部という大記録を打ち立てました。

しかも、これ紙の本の数字だけなので、電子書籍も含めたら300万部近くは行ってるんじゃないでしょうか。

この調子で行けば、怪獣8号がどこまで売上を伸ばすのか?

また、少年ジャンプ+史上最速となっていますが、上はどんな作品があるのかについても迫っていきたいと思います。

ちなみに、ブログ版、または動画の概要欄で今回紹介する作品の原作試し読み、その他の関連動画をまとめています。

また、YouTubeではそういったマンガやアニメに役立つ情報を毎日配信しています。

よければチャンネル登録してください。

>>漫画におすすめな電子書籍ランキングへ

少年ジャンプ+のスパイファミリー超え

まずは少年ジャンプ+史上最速ということで、現在のエースSPY×FAMILY(スパイファミリー)の比較しないわけにはいかない。

スパイファミリーはまだアニメ化前なのに、7巻で1000万部突破、1巻あたり約143万部というトンデモない数字を叩き出しています。

スパイファミリーが3巻の時に200万部突破だったので、怪獣8号はそれよりも50万部多い計算。

この調子で伸びていくんだったら、怪獣8号は6巻あたりで発行部数1000万部突破も狙えそうな数字となっています。

 

ヒロアカやワンパンマンとも比較

では、少年ジャンプ+以外の作品と比べたらどうでしょうか?

まずは同じジャンプ系で、同じ要素も入っている僕のヒーローアカデミアとワンパンマンと比べてみましょう。

3巻時点では怪獣8号がヒロアカとワンマンパンに勝利。

もちろん、この2作品も売れてましたが、3巻時点ではここまでは売れてなかった。

むしろこの作品は、テレビアニメ化して更に向こうへ!Plus Ultra!!(プルスウルトラ)状態ですから。

現時点でヒロアカが30巻で全世界発行部数5000万部突破、1巻あたり166万部。ワンパンマンが23巻で発行部数2400万部突破、1巻あたり104万部。

累計発行部数は巻数の多さが必要ですが、1巻あたりの平均だったらこの調子でいけば怪獣8号もワンパンマンの104万部には到達しそう。

アニメ化が成功すれば(最近のジャンプのエース格のアニメは全部ヒットしているけれど)、ヒロアカの166万部も見えてきそうですね。

 

鬼滅の刃や呪術廻戦と比べたら

では、ジャンプと言えば、今もっとも漫画業界で勢いがある鬼滅の刃と呪術廻戦と比べたらどうでしょうか。

3巻時点では怪獣8号が鬼滅の刃と呪術廻戦に圧勝。

鬼滅の刃はアニメ化前はそこまで売れてなかったですし、売れていた呪術廻戦も7巻で250万部突破。

怪獣8号は呪術廻戦の半分以下の期間で250万部突破した驚異的なスピード記録を達成しています。

ちなみに、アニメ化後に鬼滅の刃は23巻で1億5000万部突破、1巻あたり652万部、呪術廻戦が16巻で5000万部突破、1巻あたり312万部。

怪獣8号はアニメ化前の状態ではこの二作品より売れているので、当然ジャンプもアニメを力を入れてくるのは間違いない。

今度はどこのアニメ制作会社に頼むんでしょうか?

鬼滅の刃がufotable(ユーフォーテーブル)、呪術廻戦がMAPPA(マッパ)、次のチェンソーマンもマッパとくれば、怪獣8号もこのクラスで来るのは間違いないでしょう。

連続で来てるし、バトルアクションに定評があるし、怪獣8号もマッパという可能性もありそうですね。

 

実はワンピースと比較しても

そんでもって、怪獣8号は大名作であるONE PIECE(ワンピース)と比較しても負けてないよと。

ワンピースは1巻の時点で100万部突破していると言われてますが、それは時間が経ってから。

最初は30万部で、6巻時点で600万部突破という数字が出ていたので、3巻時点では怪獣8号とあんまり変わらない数字だったんじゃないでしょうか。

まさかのあの平成の大名作にも迫っていた。

ちなみに、ワンピースは98巻の時点で全世界発行部数4億8000万部を突破、1巻あたり489万部。

まさに天竜人な別格な存在ですが、何気に1巻あたりの平均だったら鬼滅の刃が抜いているんですよね。

怪獣8号もアニメが鬼滅の刃並にヒットすれば、ワンチャン1巻平均だったら抜けるかもしれない。

さすがにあのクラスの大ヒットをもう一度出すのは、いくらノリに乗っているジャンプさんでもかなり厳しいとは思うけど。

 

怪獣8号の記録はマンガ業界全体でも史上最速?

正直、今回の怪獣8号の3巻で250万部突破の数字を見たとき、少年ジャンプ+史上最速じゃなくて、マンガ業界全体を見ても史上最速なんじゃないの?

と、ボクと同じようにこう思った人も多いんじゃないでしょうか?

そう思って調べてみた結果、

全然そんなことなかったー!ビックリするぐらい上がいっぱいあったよ。

数が多いので、ザッと雑誌別に紹介すると、

ジャンプでは、キン肉マン、Dr.スランプ、北斗の拳、ドラゴンボール、ダイの大冒険、スラムダンク、幽遊白書、るろうに剣心、ハンターハンターなど多数。

マガジンでは、特攻の拓、金田一少年の事件簿、GTO

サンデーでは、らんま1/2、H2、名探偵コナン、犬夜叉

他にも鋼の錬金術師や20世紀少年なども超えているらしく、

コミックス売れまくりだった2010年代以前の漫画が強過ぎるーーー!!!

たしかに売れやすい時代だったと言うだけあって、今とはレベルが違う数となっています。

だったら、怪獣8号は2010年代以降の最速記録なのかなと思ったら、2010年代以降も数がグッと減るけれど、最初からコミックスがガンガン売れていた漫画があったよ。

それはジャンプの暗殺教室と、サンデーの銀の匙。

銀の匙がだいたい怪獣8号と同じぐらい、そして暗殺教室がちょっと上回るぐらい。

銀の匙は全15巻で1700万部突破、1巻平均113万部。

暗殺教室は全21巻で2500万部突破、1巻平均119万部。

どちらも早い段階で1巻平均100万部を突破しながらも、その後に思ったよりも伸びなかったのはアニメがいまいちブレイクしなかったから。

怪獣8号もアニメがヒットしなかったら、このパターンになる可能性もありますね。

 

怪獣8号の発行部数のポテンシャル

以上のデータから、怪獣8号の今後の発行部数のポテンシャルを考察してみたいと思います。

累計についてどれぐらいの巻数が出るかによって大きく変わるので、1巻平均で予想します。

まずアニメ化前は、同じ少年ジャンプ+で数字も近い、スパイファミリーと同じぐらいの規模、つまり7巻で1000万部、1巻あたり143万部。

怪獣8号は3巻の時点でそのスパイファミリーを超えているので、6巻で1000万部達成も十分になりそうですね。

6巻で1000万部達成したら、1巻あたり166万部とこの時点でヒロアカに並び、その他のかなりの名作をごぼう抜きしてしまいますけれど。

そして、次の大きなポイントとなるのがアニメ化。

売上的にアニメ化するのはほぼ確実。

ジャンプ作品の今までの傾向から見ると、10巻前後でアニメ化という流れでしょうか。

アニメはヒットするとそこからさらに売上が伸びる一方、ヒットしないと放送中は伸びるけど、アニメが終わった後に暗殺教師や銀の匙のように、徐々に失速していく傾向にある。

アニメがそこまでヒットしなかった場合は、最終的に1巻あたり100万部~120万部あたりに落ち着きそう(これでも漫画界的には大ヒットなんだけど)

逆にアニメが大ヒットした場合は、最近の傾向としてけっこう天井知らず。

呪術廻戦は1巻あたり312万部だし、鬼滅の刃は652万部だし、ジャンプアニメのヒット作の中では低めのヒロアカでも166万部。

なので、アニメが大ヒットした場合は、1巻あたり166万部~652万部の間の数字が可能性が高そう。

そうなったら、累計発行部数でも怪獣8号は歴史に残る大名作になるのは間違いない。

 

怪獣8号が少年ジャンプ+史上最速記録を達成まとめ

今回の怪獣8号の記録とポテンシャルをまとめると、すでにこの時点でこの後に大滑りでもしない限り、名作入りは間違いなさそう。
そして、アニメが大成功したら、大名作の仲間入りをするポテンシャルも十分です。

>>怪獣8号も対象のバトル漫画ランキングへ