あなたの心の劇場版:すやまたくじです。

アニメや漫画をより楽しむための考察や解説をお送りしています。

今回はそんなアニメ『無職転生』第21話の感想&考察ー!

龍神が無双状態!

原作6巻を読んだ上で、

アニメではカットされた裏解説も含めて語っています。

動画解説:【無職転生】龍神オルステッドとナナホシの原作改変21話の感想&考察(約13分)

龍神オルステッドとナナホシの原作改変『無職転生~異世界行ったら本気だす~アニメ21話』の考察・感想・裏解説

無職転生第21話の感想を一言でまとめると、いや、劇場版レベルかよっーーー!!!

スケジュール的に余力がある序盤や気合をいれがちな最終回ならともかく、ここで神作画を持ってくるとはアニメスタッフの原作愛と本気度が伝わった21話。

また、いつもは原作の5話~10話ぐらいを一気にアニメ化しますが、今回は3話を濃縮してアニメ化してきた。

それだけ戦闘シーンに気合を入れたのが分かる構成となっています。

とはいえ、そんな中でも今回もアニメ用に原作改変した部分もけっこうあり。

そんなアニメと原作を比較した裏解説も追加して、感想と考察を語っていきます。

>>無職転生も含む2021年秋アニメおすすめランキングへ

>>無職転生も対象ファンタジーアニメおすすめランキングへ

今回のOPのオリジナル要素満載

不穏なモノローグで始まるのは原作と同じながら、OPはまたまたアニメオリジナル要素満載。

原作では山(赤竜山脈)に入る前の街道の旅から描いてましたが、この辺はバッサリとカット。

エリスが盗賊共に鉄拳制裁を喰らわすといったエピソードがあったのですが。

逆に山小屋に泊まるといったイベントは原作ではなかった演出。

毎回のようにOPはオリジナル要素満載のドラマを入れるのがお決まりなんでしょうか?(気合入れすぎだぜ)

ちなみに、赤竜山脈は赤竜がわんさかいるため、普通に登山することはできない山。

唯一、通行できるのがルディたちが通った赤竜の下顎ともう一つ赤竜の上顎の断崖絶壁の二か所だけ。

それは第二次人魔大戦の時からそうだったらしく、村でもなさそうのに山小屋がいっぱいあったのは、たぶん軍の駐留地として作ってからじゃないかなと思います。

原作にも、今回は原作者の実況ツイートでも触れてなかったので予想になりますが。

 

赤竜のお話はカット

エリスがちょっとだけ触れた赤竜の話、原作ではたっぷりと語れています。

赤竜はドラゴンの中でも最も危険と言われていて、単体だとせいぜいSランク下位のレベルですが、他のドラゴンと違って百匹単位で群れを作って襲ってくるから。

なので、単体では楽に倒せる七大列強レベルでも、百匹単位だと体力が続かなくなるので、ルイジェルドは下位だと無理だと言っていたわけですね。

ちなみに、エリスの話ではギレーヌも剣聖になる前に、仲間と一緒に地上に落ちたはぐれ赤竜と戦った経験がありとのこと。

その時の仲間の損失率は40%と、群れでもヤバいけど、単体でも十分強えじゃねえか!という実力。

 

七大列強の上位と下位の大きな壁

そんな赤竜相手に、龍神オルステッドはアニメ8話『ターニングポイント1』では圧倒してましたが。

どんだけ強いんだよ!

そして、ヒトガミも後で言ってけど、序列一位の技神よりも強いなら、オルステッドが一位でいいじゃねえか。

なんでオルステッド二位なのかは、原作でもこの時点でも説明されてませんが、呪いの制限があるからとかなのだろうか。

また、ルイジェルドも言っていたように、七大列強でも上位と下位には大きな実力差があり、序列四位の魔神と序列五位の死神には大きな壁があるよう。

ちなみに、原作では七大列強下位には、剣神や北神も入るそう。

 

エリスとルイジェルドの訓練裏事情

エリスとルイジェルドの激しい訓練に、相変わらずルディは見ているだけ。

この訓練の甲斐もあって、前は魔眼を手に入れたルディが圧勝していましたが、今では魔眼を使って魔術を全開にしても、ルディはギリギリエリスに勝てるレベルまでに追いつかれました。

ルディも最初は訓練に参加していたのですが、二人に体力が付いていかないということで、途中からは見ているだけになった。

これに関して、ルディは前世の身体と比べたらマシだけど、この世界では身体が弱いからなのかな?と疑問に思っていましたが、その理由はルディは闘気がまとえないから。

この世界の剣士が魔術を使う魔術師などと戦えるのは、闘気を纏って身体能力を上げているから。

ギレーヌの光の太刀など、あんな超人的な技が放てるのもこの闘気のおかげ。

闘気を纏うどころか存在も知らないルディは、二人に身体能力ではまるで太刀打ちできないようになっています。

 

ルディのオイタはカットされず

今回はバトル満載のシリアス回なので、てっきりルディのオイタはカットされるかなと思っていたのですが、

しっかり入ってるー!しっかりとエリスのてっぺんをつまんじゃったー!

バカヤロウ!と、こんなことやっているから、中国で配信停止されちゃうんだよと。

ちなみに、お色気こそこそ話としまして、訓練後にエリスがタオルで汗を拭いてましたが、実はあれ、豪快なエリスですから服を脱いで汗を拭いてました。

が、その度にルディがエロい目で見るから、今回のような服を着たまま拭くスタイルにチェンジした。

つまり、ルディのせいで、今回俺たちはエリスのボロンが見れなかったわけです。

 

エリスが寝静まった後の二人

また、一人前の戦士と認められたエリスが寝静まった後に、ルディとルイジェルドの男の会話もあったのですがそこもバッサリとカット。

ルイジェルドがエリスを大人扱いした理由や、ルディがエリスをどう見ているかについても語られたのですが。

さらに、ルディがお守りと言ってルイジェルドに銀のコインを渡すシーンもあったのですが、バッサリカットされたということは、特に意味はなかったのかな。

 

龍神オルステッドの呪い

龍神オルステッドも前回のザノバと同じく、特別な力を持った呪子(ザノバは神子と言われていたけど言い方が違うだけ)

今回判明した呪いは、この世界のあらゆる生物に嫌われるか恐怖される。

ただし、異世界人であるルディには効かない模様。

他にも、ヒトガミの話では呪いのせいで本気が出せないとか、この世界の全ての技と術が使える上、龍神特有の魔術まで使えるチートキャラ。

また、その他にも複数の呪いを持っている模様。

この辺は原作でも今のところは詳しく明かされてませんが、一番気になるところはルイジェルド・エリス・パウロのことを知っていて、ルディのことだけは知らなかったこと。

あとはオルステッドのセリフやヒトガミが未来も過去も見えないことから推測すると、未来視でも持っているのか、もしくはタイムリープ能力とか。

エリスやルイジェルドを殺さなかったことや、ルディのことだけ知らなかったことを考えると、タイムリープ能力の方が濃厚か。

 

ナナホシの正体はヒントあり

オルステッド以上に誰やねん!と謎なのが、仮面の美少女(たぶん)ナナホシ。

原作ラノベでも正体は明かされていませんが、原作ではもうちょっとヒントが多くありました。

それによると、まず黒髪の人間がこの世界にはほとんどいない、さらにルディはナナホシという名前に聞き覚えがある。

これに加えて、ナナホシもオルステッドに恐怖の感情を持っていないことから、

これラブリーマイエンジェルじゃないっ!?

2話でルディになる前の杉田さんが助けたラブリーマイエンジェルあやせたん似の女子高生じゃないの?

そう思って2話見直してみると、

EDのキャストに七星静香とサラッと伏線張られてましたよ。

ちなみに、21話では仮面の女で担当声優は???になってましたが、2話ではちゃんとはやみんならぬ若山詩音さんと表記されてました。

姿を見る限り、ラブリーマイエンジェルの方は転生ではなく、異世界転移っぽい。

そうなってくると、ナナホシがフィットア領転移事件にもなんか関係している可能性も考えられる(事件が起こった8話も同じサブタイトルはターニングポイントだし)

そんでもって、行方不明になったもう一人の男子高校生も異世界転移している可能性は高そう。

この辺も全部、ヒトガミが関わっているのでしょうか。

 

オルステッド VS ルイジェルドの裏事情

劇場レベルの神作画。今回のメインと言ってもいいオルステッド VS ルイジェルド。

アニメでは一瞬の攻防の連続でしたが、原作では文字媒体ということで、この裏側についてもかなり解説されてました。

世界最強と言われるオルステッドに対し、ルイジェルドの具体的な強さはアニメでは解説されてませんが、ルディの分析によると王級以上。

けれど、七台列強に名前が刻まれてないので、ルディの分析を信じるならギレーヌ以上、北神や剣神以下というこれはこれで十分なチートクラスの強さ。

そんなルイジェルドを、オルステッドは一撃で殺すことができるレベル(どんだけ強いんだよ!)

それをわざわざ複数回攻撃したのは、ルイジェルドを殺さずに無力化するのに、この形が最短だったから。

王級以上のルイジェルドを手加減して無力化させる、さらにどんだけー!!!

そして、この後のエリスの特攻も含めて、ルディも加勢に入ろうと思っていたのですが、魔眼で見た未来は全て返り討ちの絶望だったため、全く動くことが出来なかったという事情がありました。

 

ルディ VS オルステッドの裏事情

ルディ VS オルステッドにも色々と裏事情あり。

肺を潰されたのは、対魔術師戦術として、魔術を使えなくするため。

無詠唱魔術には意味がなかったみたいですが。

ルディが肺を治さなかったのは、回復魔術は無詠唱じゃ使えなかったから。

途中で風の魔術で肺に空気を送ったのは、回復できないので、窒息しないように肺に空気を送るため。

せっかく立ち去ろうとしたオルステッドに攻撃を加えたのは、意識が朦朧としていたのに加え、エリスが動いて狙われると思ったから。

ちなみに、エリスがファイアーボールを使ったのは、原作にはない演出で、よりエリスがオルステッドに攻撃しようとしたのが分かる形に変更されていました。

また、ルディが右手に火の魔術、左手で衝撃波を放ったのは、この時に初めて見せた多重詠唱らしい(ゲームで言うところのダブル魔法みたいな感じ)

オルステッドも感心するように、それ自体が難しい上に、それを無詠唱でやるのはかなり高度な魔術のようです。

そして、ルディが最後に放った火の魔術は、核爆発をイメージして放ったもの。

想定していたものよりかなり小さくなりましたが、それでもオルステッドにラプラス並と言わせる高威力。

 

ヒトガミの嘘

今回でヒトガミの怪しさがさらに倍率ドン!

オルステッドの過去も未来も見えないと言ってた割には、詳しいじゃないかと杉田さんに突っ込まれて慌てていたし。

逆にオルステッドはヒトガミの一味と思ったルディは殺そうとしたけど、ルイジェルドやエリスは殺さないように手加減した。

こうなってくると、そのオルステッドに命を狙われているということは、ヒトガミが邪神である確率はかなり高そう。

ルディの夢に現れるのも、預言で信頼を勝ち取って悪いことをさせようとしているのか、それともルディを操ろうとしているのか。

 

エリスとルディはシリアス度アップ

今回もエリスはヒロイン度が爆上がり。

相手を恐怖させるオルステッドに立ち向かった上に、最初の一撃はあっさり防がれたけど、防御を捨てた捨て身の一撃。

大ダメージを負った後もファイヤーボールを撃とうとするなど、ルディを守るために献身的すぎるぜと。

ルディが復活した後は、原作ではルディがいつものオイタを爆発させたことで、コメディ要素も強くなってましたけれど、アニメではそれを抑えた分、エリスのヒロイン性がさらに倍率ドン!

また、ロキシーやシルフィにヒロイン度の差を付けてきたぜ(特に全然出番がないシルフィはあぶなーい!)

 

『無職転生~異世界行ったら本気だす~アニメ21話』感想・考察・裏解説まとめ

無職転生21話をまとめると、もはや劇場映画ですやん!
今期イチバンという人も多いバトルシーンが展開されました。

>>無職転生の考察・裏解説一覧へ

>>アニメにお得な動画見放題サイトランキング【原作試し読みOK】

ベスト版アニメランキング【見放題&原作読み放題あり】

昭和~令和まで、歴代のアニメから厳選したおすすめランキングベスト100

最新アニメも視聴後、面白かった作品は随時追加。

また、アニメにお得な動画見放題サービスや原作試し読み&読み放題情報も。

>>ベスト版アニメランキング【見放題&原作読み放題あり】