あなたの心の福岡劇場:すやまたくじです。

今回はそんな福岡に拠点を置く会社:レベルファイブのゲームを原作としたアニメ映画『二ノ国』の感想をネタバレなしで語りたいと思います。

福岡発のアニメ映画はどうだったのか。

動画解説:【二ノ国】ネタバレなし映画感想~異世界ファンタジーと三角関係とSFな劇場アニメ(約4分半)

二ノ国

  • ジャンル:青春、恋愛、ファンタジー
  • 劇場公開:2019年8月23日
  • アニメーション制作:オー・エル・エム
  • キャスト:ユウ・山﨑賢人、ハル・新田真剣佑、コトナ / アーシャ・永野芽郁、ヨキ・宮野真守
  • 備考:レベルファイブのRPGゲームが原作

二ノ国は、スタジオジブリも制作協力したレベルファイブのRPGゲーム原作のアニメ映画。

ただし、映画版はキャラクターなどを一新した完全オリジナルストーリー、物語の舞台はゲーム版『二ノ国II』の数百年後。

今回のメインとなるユウ・ハル・コトナは日本で暮らす高校生。

そんなある時、突然の事件がキッカケにユウとハルは二ノ国と呼ばれる異世界へ迷い込むこととなるという始まり。

>>2019年上半期アニメ映画おすすめランキングへ

>>青春系アニメおすすめランキングへ

 

二ノ国のネタバレなし映画感想

では、ここからは二ノ国の感想をネタバレなしで語っていきます。

ただし、公式サイトやPVで明かされている情報に関しては触れていくのでご注意ください。

ファミリー向け王道ストーリー

日本と異世界で起こる王道的なストーリー。

ただし、深夜アニメなどで放送されている異世界ファンタジーの王道展開ではなく、ファミリー向けの王道展開ですね。

レベルファイブは『妖怪ウォッチ』とか『イナズマイレブン』とか『タイムボカン』などの夕方アニメを中心に製作に参加している。

原作ゲームにはスタジオジブリが協力、さらに映画版にも関わったことがあるスタッフが参加しているなど、

その辺りのファミリー向けの雰囲気を出そうとしている意図は感じられますね。

実際、劇場も親子連れが多く、下は子供から上はお年寄りまで幅広い年齢層が観に来ていました。

 

異世界ファンタジー×三角関係×SF

そんな王道ストーリーに異世界ファンタジーと変則的な三角関係、さらにSF要素を加えたのが二ノ国。

具体的には、三人の高校生は親友同士。

スポーツ少年ハルとスポーツ少女コトナが恋人同士、車イスで秀才のユウはそんなコトナに片思いしている状態の三角関係。

そんなある日、コトナのピンチをキッカケにユウとハルは魔法が存在する異世界二ノ国に迷い込み、そこでコトナとそっくりのアーシャ姫と出会うのでした。

二ノ国で知ったのはお互いの国には顔がそっくりの人物がいて、それぞれの魂が繋がっていること。

この辺はSFでよくありますよね。

二つの世界に同じ顔の人物がいて、二人は何かしらの繋がりがあるという。

二人の彼女、救える命は一つだけ。愛する人を救うために<命>を選べ。

というキャッチフレーズにあるように、ユウはアーシャ姫を守るために、ハルは恋人のコトナを守るために戦う。

ファミリー向けの王道ストーリーに、王道異世界ファンタジーと恋愛の王道三角関係(中身はちょっと変則的になりますが)、さらに魂の繋がりというSFの王道設定を組み合わせる。

王道同士を組み合わせることで新しいものを作り出そうとしたのが二ノ国ですね。

 

タイトルに込められた仕掛け

王道ストーリーで終始分かりやすく攻めるのかな?と見せかけて、意外と仕掛けが多いのもこの映画の特徴。

二ノ国のタイトル。

さらに、変則的な三角関係となった意味などが明かされていく。

また、明確には明かされない部分もいくつかあり、たぶんココとココは繋がるんだろうなという考察させる部分なんかもあります。

正直、あっ!と驚くほどではありませんでしたが、『なるほどな~』と思わせるような仕掛けとなっていましたね。

 

二ノ国のネタバレなし映画感想まとめ

二ノ国は、ファミリー向け王道ストーリーに三つのジャンルの王道を掛け合わせた劇場アニメ。
メインターゲットとなるのは僕のような深夜アニメ勢というより、子供と一緒の家族向けやアニメライト層ですね。

>>2019年上半期アニメ映画おすすめランキングを見る

>>青春系アニメおすすめランキングを見る

紹介した作品も無料試し読みOK