あなたの心の平均値:すやまたくじです。

今週もやって参りました、私、能力は平均値でって言ったよね!(略称:のうきん)9話のパロディの元ネタ考察とお話の感想を。

今回はおひさしぶりのパロディ満載回。

動画解説:私、能力は平均値でって言ったよね(のうきん)9話パロディ元ネタ考察・感想~とんでポーリン編(約14分)

私、能力は平均値でって言ったよね!(のうきん)第9話のパロディ元ネタ考察と感想

今週はこれでもか!というパロディ回。

お金稼ぎのためのワイバーン退治から巻き起こる笑いの数々。

待ってました!のうきんはこういった展開が大好物!

感想もそこそこに切り上げて、さっそくパロディの元ネタ考察に入っていきましょう!

>>のうきんも含む2019年秋アニメおすすめランキングへ

>>のうきんも対象ファンタジーアニメおすすめランキングへ

属性メイド喫茶

9話で初っ端から出てきたのが毎度おなじみお世話になっている宿屋でのお手伝い。

これ4話でも出てきましたが、異世界なのになぜかメイド喫茶でツンデレなどの属性付きとなっていますw

こういう属性メイド喫茶はアニメの定番ですが、最近の印象深さとまたしても声優の徳井青空(とくいそら)さん繋がりで、

ブレンド・Sを彷彿とさせる。

ラブライブやごちうさといい、徳井青空さんが出演している作品はフワッとパロディを感じさせるんですけれども、これを狙ってキャスティングしたのか?

ブレンド・Sは2013年から原作漫画の連載が始まり、2017年にアニメ1期が放送されました。

 

チェンジで

チェンジで

依頼のあったワイバーン討伐にきました!と、言った時の村長の一言。

デリヘルじゃねえかよ!?

と思わずツッコミを思わずツッコミを入れたくなる村長のキレのあるボケ。

これはパロディではないですけれども、異世界には似合わないセリフだったので入れておきましたw

 

雷の鳥1号・2号・3号

空を飛んでるワイバーンを攻撃するためにマイルが取った行動は、仲間を空までぶん投げる…って、バカヤロウ!というおバカっぷりw

それだけの身体能力があるんだったら、マイルが普通にジャンプすればワイバーンに届くんじゃないのかな?とも思うのですが…。

そんな仲間を投げる時にマイルが叫んでいたセリフ

雷の鳥1号、発進用意!

とか言ってましたが、

これは1960年代に放送された特撮『サンダーバード』ですね。

メーヴィスを投げるときは

雷の鳥2号、発進用意!装備は1号コンテナ、ショートソード!

と言ってましたが、サンダーバードは用途別コンテナを積み込むことができるので、そのネタを絡めたんでしょうw

 

こんな魔法の超火焔砲(レーナ・ガン)!!

雷の鳥1号こと、レーナをぶん投げるときにマイルが言った決めのセリフ、それが

スイングバイ!こんな魔法の超火焔砲(レーナ・ガン)!!

原作ラノベをチェックしてみると、超火焔砲(ちょうかえんほう)と書いてレーナ・ガンと読ませるみたいですw

これは語呂や感じの感じの読み方から『とある科学の超電磁砲(レールガン)』

とある魔術の禁書目録(インデックス)のスピンオフとして、2007年から漫画が、2009年から何度もアニメ化されている作品。

のうきんの後に続く、2020年1月からはアニメ3期も始まりますね。

ちなみに、その前に言っていたスイングバイ!は、マイルのようにぶん回すということではなく、『惑星の重力を使って加速する方法』といった宇宙の専門用語みたいですね。

意味は違いますけど、ぶん回すアクションと相性が良く、語呂がいいので使ったのかなと。

 

八つ裂きポーリン

雷の鳥1号こと、レーナが失敗したので、続いてポーリンを2号して投げようとした時のマイルのセリフ。

次は、ポーリンさん、行きましょうか。技の名前は『八つ裂きポーリン』です!

こちらももはやのうきんではお馴染み。

ウルトラマンの必殺技:八つ裂き光輪から。

ちなみに、ウルトラマンは1966年から複数のシリーズが。

また、八つ裂き光輪は表現がハードすぎるためか、最近ではウルトラスラッシュと名前が変わっています。

 

飛んでポーリン

さらに続けてポーリンさん。

ついにポーリンが投げられる番になった時にマイルが言ったセリフ

雷の鳥3号、アー・ゴー!飛んでポーリン!

こちらはダブルでパロディが混ざってますw

雷の鳥3号、アー・ゴー!までは先ほども出てきたサンダーバード。

そして、飛んでポーリン!は1994年~1995年に原作漫画とアニメが放送された変身ヒロインもの『とんでぶーりん』のパロディ。

ちなみに、とんでぶーりんは『美少女戦士セーラームーン』や『パーマン』のパロディが入っているというパロディ作品のパロディをするというなかなか攻めたパロディとなっていますw

 

格・子・力・バリアー

投げられて目を回したポーリンを守るためにマイルが発動したご存じ格・子・力・バリアー。

こちらは4話と5話にも登場したマジンガーZの光子力バリアのパロディですね。

 

メーヴィス・カッター!!

レーナ、ポーリンと来たら、メーヴィスを投げる時も必殺技名が付くのは避けられないw

メーヴィスには、

メーヴィス・カッター!!

の必殺技が付けられました。

これに関しては色んな候補があるのですが、のうきんが古い作品が好きなことから、

デビルマンのデビルカッターじゃないかなと考察します。

デビルマンは原作漫画もアニメも1972年~1973年の作品です。

 

親方!空からワイバーンが!

仕留めたワイバーンが空から降ってくるときに言ったマイルの一言。

親方!空からワイバーンが!

こちらは超有名作で他のアニメなんかでも何度もパロディを行われているもの。

あの宮崎駿監督の1986年の劇場アニメ『天空の城ラピュタ』

空から降ってくるヒロイン:シータを見て、主人公パズーがいった

親方!空から女の子が!

をパロッたもの。

ちなみに、のうきんではレーナが『誰が親方よ!』と突っ込まれてますが、本家の方の親方は忙しくてこのセリフちゃんと聞いておりませんw

 

飛べないワイバーンはだたのワイバーンです

落ちてきて飛べなくなったワイバーンを見ていったマイルの一言。

飛べないワイバーンはだたのワイバーンです

こちらは続けてジブリネタ。

宮崎駿監督の1992年の劇場アニメ『紅の豚』の主人公ポルコが言った

飛べない豚はただの豚さ

から。

ただし、これは間違いで、ポルコが言った正しいセリフは

飛ばねぇ豚はただの豚だ

とはいえ、本物は言いにくいためか、ネタとして使いのか、飛べない豚はただの豚だの間違いの方が広まっており、今回ののうきんでも飛べないの方を採用しておりますね。

 

スカートめくりと衣服破壊

追い詰めれたワイバーンが行ったスカートめくりと衣服破壊。

まずは突風でスカートをめくり、ズボンでスカートめくれないメーヴィスには超音波で衣服だけを破壊する。

ワイバーンのアニメのお色気のお約束を分かってらっしゃるw

これどちらも1980年代前半に漫画とアニメ放送された『さすがの猿飛』の主人公:猿飛肉丸の忍術が元ネタ。

スカートめくりが『神風の術』で、衣服破壊が『胃の笛の術(のうきんでは胃の音の術と名前を変えてました)』

どちらもお色気メインで使うというヘンタイ紳士ならぬヘンタイ忍者な主人公となっております。

 

私のターン!ドロー!

お色気で抵抗するワイバーンを動けなくするために使ったマイルさんの技

私のターン!ドロー!カーボンナノチューブネット!

こちらも有名作で色んなアニメでパロディが行われていますよね。

1996年から複数シリーズが展開されている『遊☆戯☆王』が元ネタ。

オレのターン!ドロー!とか、ずっとオレのターン!とまあ色んなパターンがございますよ。

ちなみに、ドローとはカードを引くという意味なので、四次元ポケットからカーボンナノチューブネットを取り出すだけのマイルさんがドロー!というのはおかしな話なんですけどもw

 

こんなこともあろうかと

カーボンナノチューブネットを解説するときのマイルの顔芸と、

こんなこともあろうかと作っておいためっちゃ強力な網です。

のセリフは、4話にも登場した1974年から複数のシリーズが展開されている『宇宙戦艦ヤマト』に登場する真田志郎(さなだしろう)のパロディ。

こんなこともあろうかと言ってピンチを助けてくれるイメージ。

ただし、実際にはこんなこともあろうかと言ったのは数回ほどしかありませんw

 

かめはめ波を打つ5秒前

みんなでワイバーンにトドメを刺そうとした時にマイルの顔を見ると、サラッとドラゴンボールのかめはめ波を打つポーズと顔芸をしています。

こんな細かいところにもネタを入れてくるのかw

 

じいさんとワイバーンの思い出

突然出てきたじいさんとワイバーンの思い出話。

ここで語れているシーンの出会いと別れまで、全て1977年に放送された『あらいぐまラスカル』のパロディ。

このラスカルの出会いと別れのシーンは懐かしのアニメ名場面でよく流れていたので覚えているのですが、

まんまラスカルじゃねえかよ!?

というほどの再現度w

気持ちぐらいにそのまんまやるんで、わたくしここは思わずお笑いしちゃいましたよ。

 

ワイバーンの名前

その流れからマイルが言ったセリフ

それではこのワイバーンのラスカルは?

に対するじいさんの答えは、

ロブレスだ、勝手に名前を付けるんじゃない

って、ややこしい!

マイルじゃないけれど、この流れからしたらラスカルって思うがな!

さらに、くじけないマイルは、

じゃあ、その怪鳥ギャオスは?

ロブレスだ、そもそも鳥じゃない!

では、ロプロスは?

ロブレスだ!

激しい名前問答を行うことによって、もっとややこしく怒らせることになりますw

ちなみに、ギャオスとは1965年から続く大怪獣ガメラシリーズに登場する怪獣。ワイバーンはギャーと鳴いていましたが、これもギャオスの鳴き声のパロディ。

ロプロスとは1970年代の漫画&アニメ『バビル2世』に登場する三つのしもべの一つ怪鳥型ロボット:ロプロスが元ネタ。

最後にじいさんが名前問答の影響か、ワイバーンの名前をロブレスじゃなくロプロスと間違えておりましたねw

それを見たマイルから、

これからあなたのあだ名はビミル2世ですw

と言われておりましたw

 

私、能力は平均値でって言ったよね!(のうきん)第9話パロディ元ネタと感想まとめ

のうきん第9話は通常回ということでパロディ満載でした!
やっぱりのうきんはゆるい話がいいよね。

>>のうきんも対象ベスト版アニメおすすめランキングを見る

>>アニメ向け動画配信サイトおすすめ比較ランキングへ

紹介した作品も無料試し読みOK 業界最多&最安アニメ動画配信