あなたの心のサクラサク:すやまたくじです。

アニメや漫画をより楽しむための考察や解説をお送りしています。

今回はそんな夏アニメ『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完』第3話の感想・考察ー!

俺ガイル3期♪

前回、もしかしたら再生数がヤバくて打ち切りかもといった俺ガイル。

なんと2話目も1話目とほぼ変わらない再生数でした、ありがとうございます!

だいたいこういう考察動画をやると、1話目から2話目で再生数激減、今期でいえばリゼロとSAOは半分以下になったんですけれど。

俺ガイルはほぼ変わらじ、この調子でいけば最後まで考察できそうです。

ちなみに、わたくしは原作ラノベは途中まで読んで、結末は知らない状態で感想と考察を語っています。

動画解説:俺ガイル3期2話(やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完)由比ヶ浜の本物の感想・考察(約10分)

アニメ『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完(俺ガイル3期)』第3話の感想・考察

今回の感想を一言でまとめると、いや、プロムは準備回かいっ!?

てっきりOPのみんなの謎ダンスが見れると思って楽しみにしていたのですが。

そして、これは次回のお楽しみということでね。

さらに、次回予告を見る限り、次回はわたくしの天敵である雪ノ下姉と雪ノ下母が揃い踏みみたいで。

来週はガチコーン!やったるでぇ~!

この第3話はプロム準備回ということで、ストーリー的には大人しめでしたが、要所要所でキャラの可愛さは今回も光ってたでぇ~。

とまあ、いつも通りにワーワー言うとりますけれど、今回もポイントに絞って第3話の感想と考察を語りたいと思います。

ちなみに、ブログ版、または動画の概要欄で原作ラノベと漫画版を試し読みできるようにしています。

気になる方はそちらもチェックしてみてください。

>>俺ガイル完も含む2020年夏アニメおすすめランキングへ

>>俺ガイルも対象ラブコメアニメおすすめランキングへ

平塚静は静かに去る?

第3話のはじまりは意外にも前回チョロっと出てきた平塚先生から。

あいかわらず美人で巨乳だぜぃ~w

こんな先生がいたら、わたくしも職員室に入り浸ったっちゃうよ。

でも、平塚先生自分でも言ってたけど、えこひいきが激しいタイプなんで、八幡みたいな扱いなら大歓迎だけど、材木座みたいな扱いされたら泣いちゃうよと。

絶対ヒッキーより材木座の方が社会的にヤバいから、どうにかしないといけないと思うんですけれどw

平塚先生といえば、トレードマークのたばこがカットされなかったのも良かったですね。

最近は厳しいので、生徒の前で吸うなんて!という感じでカットされるかもと思っていたので。

リアルだと今は職員室で吸ったりできなさそうですよね。

そして、今回の平塚先生で一番気になったのは荷物整理をしていたところ。

教師を辞めるというパターンもあるかもだけど、普通に考えたらここは他の学校への転任か?

4月になったら平塚静は静かに去るのか?

この流れからも、俺ガイル3期は3年生編はなく、2年生編で決着付きそうですね。

 

戸塚彩加は第4のヒロイン

だから、ヒロインかっ!?

そうツッコミたくなる戸塚あいかわらずの女子力。

なぜ冬なのに短パン?寒くないのか?

これは女子のスカートと一緒なんですかね。

寒くても可愛いのために我慢するというね。

戸塚彩加が第4のヒロインと言ってもいいんじゃないでしょうか。

そして、そんな戸塚と八幡の会話の後ろで戸部がうるせえなとw

ああいうガヤってだいたい台本に書いてないから、あれ声優のアドリブの可能性大なんだぜ。

戸部って何気に出番が多い。

ちなみに、戸部のフルネームは翔と書いて『かける』と読む、戸部翔(かける)…ちょっとカッコイイやんけ!

そして、同じ葉山グループなのに、大和と大岡ははぶられがちよねw

 

比企谷小町にサクラサク

平塚静が学校を去るなら、比企谷小町が新しく入ってくる。出会いあれば別れありみたいな感じで。

小町にサクラサク!

小町はやれば出来る子です。

でも、たしかに八幡の前より由比ヶ浜の前での方が泣いてたよねw

小町はこんな時でもしっかりと笑いを起こしてくれる子です。

あと、何気に八幡が母親に送ったメールもちょっと面白かった。

なんだよ『前略、おふくろ様。サクラサク』ってw

ちょっと八幡とおふくろ様の会話見てみたいやんけ。

そして、小町大好きなお父さんにもちゃんと知らせてあげて。

 

川崎沙希は隠れヒロイン

小町の合格発表といったら、この人も忘れるわけにはいかない。

川なんとかさんの全力ダッシュ!

はやいはやいはやい!主人公より先に行っちゃってるー!

日頃あんだけクールなのに、弟や妹のことになったらどんだけ必死なんだよw

このギャップで毎回やられちゃいます。

しかも、この後の由比ヶ浜のプロムの着付けにも登場してたし、3期の川なんとかさんは序盤から飛ばしてるわ~。

川崎沙希は隠れヒロインと言っても過言ではない存在感じゃないでしょうか。

プロムの準備のときはすぐに帰っていたけれど、本番はOPのサキサキも謎ダンスしてくれると信じてもいいんですよね?

 

一色いろはは最強後輩であり最強ヒロイン?

やだ!いろはす!今回もかわいい!!

第3話のタイトルは『やはり、一色いろはは最強の後輩である。』でしたが、『やはり、一色いろはは最強の後輩ヒロインである。』にしてもいいんじゃないか。

それぐらいの存在感を放っていますよね。

というか、何気にいろはすって八幡と二人っきりで会話するシーン多いよね。

生徒会長になってからは、もしかしたら雪ノ下や由比ヶ浜よりもいろはすの方が八幡と二人で会話した回数多いんじゃないかと思えるぐらいに。

そして、このいろはすと八幡の会話がまた面白いのよね。

プロムの手伝いの話からなんで女性を妹として見ちゃいけないという話に発展するだよとw

最終的には『またの機会に出直して来てください、ごめんさい』の告白を断るいつものパターンになるし。

けれど、しっかりとプロムの手伝いは取り付ける、そんなちゃっかり者の『いろはす~!』が最終的な勝ちヒロインになるのかもしれない。

でも、八幡の妹がいると誰しもお兄ちゃん気質になるというの意見には全く共感できんけどね!

そんなこと一度として言われたことないで。

 

雪ノ下雪乃はヒロインであり主人公でもある

本日の雪ノ下さんです。

タキシードが似合いすぎて、八幡よりなんだか雪ノ下の方が主人公みたい。

美人で女性の究極の髪型ポニーテールをやっているというのに、この溢れんばかりのカッコ良さ。

雪ノ下雪乃はヒロインだけでなく、主人公もいけるようです。

ポニーテール美人という可愛さの究極系なのに、イケメン主人公ばりのカッコ良さも魅せてくるとは。

人は見た目によらないとはこのことか。

くっ、男としてなんだか悔しいです!

そして、いろはすは雪ノ下相手でもヒロイン力発揮しちゃうのね。

誰が相手でもメインヒロイン、いろはす恐ろしい子っ!?

 

プロムはウェーイ系専用

ところがどっこい、我らが主人公:比企谷八幡だって負けてないんだぜ。

由比ヶ浜をしっかりとエスコートする技を覚えた。

やだ!2期のOPみたいに隣に並ばれただけで、キョドっていたちょっと前の八幡を思い出すと泣けてくる。

比企谷八幡、成長したり!

あとはダンスする前に『Shall We Dance?(シャルウィダンス)』と、誘えたら完璧やったで。

まあ、ダンスの方はわたくしにも負けない不思議な踊り状態でしたが(MP吸い取られちゃいそうw)

どうやらプロムはウェーイ系のリア充専用のイベントでございました。

戸部の音を浴びるんだよというのがイラッ!とする。

そして、いざダンスが始まったらキレッキレの動きを披露するところがさらにイラッ!とさせる。

 

アニメ『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完(俺ガイル3期)』第3話の感想・考察まとめ

一色いろはの後輩力とヒロイン力が止まらない第3話。
そして、戸部へのイライラ止まらない(でも、意外と嫌いじゃない)
次回こそプロム本番、女性陣全員の謎ダンスが見たいっす。

>>俺ガイル完(3期)4話の感想・考察を見る

>>俺ガイル完(3期)2話の感想・考察を見る