あなたの心の執行官:すやまたくじです。

ついに始まりましたPSYCHO-PASS サイコパス3。

今回はそんなサイコパス3第1話を見た感想と、様々な伏線、そしてその中からサイコパスファンが特に気になっている常守と宜野座の状況について考察していきたいと思います。

動画解説:PSYCHO PASS サイコパス3期【常守・宜野座の状況を1話から考察&伏線まとめ】(約9分)

PSYCHO-PASS サイコパス3期のスタートダッシュは賛否両論

いや~、いきなり反響抜群ですねサイコパス3!

今期の秋アニメは刑事じゃなくて検事や探偵などですが、推理ものやサスペンスものが非常に多い中、サイコパスの反響は頭一つ抜けていましたもんね。

僕を含め、それだけ期待して待っていた人が多いということでしょう。

ただし、期待度が高いとそれだけハードルも高くなるということで、感想の方は賛否両論真っ二つ!に分かれましたね~。

僕が確認した時は先行配信されたAmazonプライムの感想は約50件、星は3.5と人気シリーズの続編にしてはなかなか辛口な評価となっております。

世界観やビジュアル作り込みは相変わらず評価される一方で、案の定、新規キャラクターの評価が真っ二つに分かれましたね。

あとは、

わたくしも1話放送前に書いたサイコパス3の記事でも語っていた霜月の現状とか。

そしてですね、

今回の主人公の一人である灼(あらた)の特殊能力『メンタルトレース』の評価もかなり割れておりましたね~

チートすぎるとか異世界転生ものみたいなファンタジー色が強過ぎて刑事ものの推理を壊すという反対意見もある一方、今までのサイコパスにはない要素が入って面白くなったという賛成意見もある状態ですね。

新しい要素が入るとどうしても賛否両論入ってくるのは仕方ないので、あとはこれからの話で反対派をどれだけ面白くさせられるかというのがポイントになってきますね。

ちなみにわたくしは、他の記事でもさんざん語っている通り、

イケメン嫌いでもともと主人公たちの評価が低かったので、キャラやメンタルトレースを見ても特に変わらずですね。

霜月も含めて、もともと好感度が低いので、逆に何を見せられてももはや微動だにしませんね。

うん!分かってたよ!

という感じ。

とはいえね、メインキャラが嫌いでも他の部分が面白ければわたくしは全然いいんですよ。

全てが完璧な作品なんてそうそうありません。

そして、サイコパスには練られた近未来SFな世界観と重厚なストーリーがございますから。

>>サイコパス3も含む2019年秋アニメおすすめランキングへ

>>サイコパスシリーズも含むSFアニメおすすめランキングを見る

 

1話目から伏線満載

いや~、今回は1話目からバンバンに伏線ぶっ込んできましたね~!

1時間放送ということで実質2話分ということもありますが。

ストーリーが複雑過ぎて混乱するという意見もありましたが、考察好きのわたくしとしてはこれぐらいの方が大好物。

漫画ではちょいちょい出していましたが、アニメでは非常に珍しい考察記事を出しちゃいましたから。

それもこれもストーリーが濃すぎるオリジナルアニメ:サイコパスだから。

1話目で気になった部分と致しましては、

主人公二人の思惑、文句を言いながらもそんな二人を自由にやらしている霜月の思惑、

謎の組織『ビフロスト』

それとは別に「刑事さん、私のダイヤグラムを見破れるかな」と煽っていた梓澤廣一(あずさわこういち)、そして如月はなぜその梓澤廣一の名刺を隠したのか?

1話目でこれでもか!と伏線張ってきましたよね~。

全部気になりますけれども、サイコパスファンにとって一番気になるのは最後に出てきた常守朱(つねもりあかね)と宜野座伸元(ぎのざのぶちか)の3期での状況でしょう。

 

宜野座伸元のPSYCHO-PASS サイコパス3期の状況

1話観る前のわたくしの予想では宜野座は常守と行動を共にしていると予想していたので大外れ!

アニメマンガ界の名探偵ならぬ、迷うと書く方の迷探偵と呼ばれそうでヒヤヒヤしております!こっから盛り返していきたい。

宜野座は最後の霜月との会話を聞く限り、厚生省の公安から出ちゃっているのはほぼ間違いないでしょうね。

流れからすると、狡噛と同じく外務省の公安に所属しているのが一番濃厚そう。

その他の組織という可能性もありますが、序盤の霜月と局長の会話から外務省の公安がかなり力を付けているっぽいので、ここにメンバー揃っているのが一番可能性高そうですよね。

須郷も劇場版SSで誘われていましたし、六合塚(くにづか)は特にフラグはなかったですけども一緒に行動している可能性はありそう。

ただ、ある事件で監視官が事故で亡くなった、また霜月が新人二人に入り込み過ぎて戻れなくなった人がたくさんいたとか言っていたので、その巻き添えで亡くなっている、もしくは執行官ができない状態になっているという可能性もありますね。

 

常守朱のPSYCHO-PASS サイコパス3期の状況

1話目で一番衝撃を受けたのは常守朱の状況。

1話を見る前はてっきり公安に残って出世しているか、別組織を立ち上げていると予想していたので、

こっちのパターンだったかっ!?

と。そういえば、サスペンスものでこういうパターンあったんですよね~

前のシリーズの主人公が刑務所などで囚われている状態になっているのが。

このことを完全に忘れていましたね~。

ある事件をキッカケに元監視官となって、なんか地下っぽい部屋にいる。

これだけだったら逃亡生活という可能性も考えられましたが、

最初やEDではあきらかに地下牢獄っぽいところに囚われていますからね。

さらに、

公式サイトのキャラ紹介にも常守朱が追加されており、そこの紹介でもある事件により勾留中と書かれています。

最後のセリフや3期との繋がりを考えるんだったら、ビフロストや梓澤廣一(あずさわこういち)事件の絡みで犯罪係数が上がった、もしくは濡れ衣を着せられて被疑者(テレビなどでは容疑者と呼びますが)となってしまった。

なので、あの地下牢的な場所は潜在犯隔離施設っぽいですよね、六合(くにづか)などが入っていた更生の見込みのある者が入る潜在犯更生施設はもっと明るい感じの場所でしたしね。

また、公式サイトの勾留中というのも気になりますね。

刑が決まって刑務所に入れられる場合は収容とか収監とか言うんですけどね。

勾留中というのは被疑者(容疑者)に対して言う言葉なので、まだ裁判中なのか?それとも常守は犯罪係数が上がらないのでそれが理由で刑が確定できないというパターンもなんかもありそうですね。

または、ある事件で監視官が一人亡くなっていると言っていたので、それは書類上はその亡くなった監視官が常守で何らかの理由で姿を隠さないといけない、シビュラシステムが常守を勾留しないといけない理由ができたのかもしれませんね。

 

PSYCHO-PASS サイコパス3期の常守と宜野座まとめ

サイコパス3第1話は、いきなり伏線満載!
特に常守がどういう理由であの地下牢獄的な場所に勾留されているのか非常に気になりますね。

>>サイコパスも対象ベストアニメおすすめランキングへ

>>アニメに強い動画配信サイトおすすめランキングへ

【修正版】PSYCHO-PASS サイコパス3期1話の再考察

10月27日にブログと共に公開した第1話を考察した動画をYouTubeをアップしたところ、賛否両論たくさんの意見を頂きありがとうございます。

高評価と低評価がせめぎ合う拮抗した状態、普通はだいたいどっちかに偏ることが多いのですがw

考察はこうじゃないとね、たくさん意見が交わることでより考察の精度も上がっていきますから。

たくさん頂いたコメントの方に、新たに分かった真実、そして僕の考察に間違いが判明したため、今回はその3つの部分を修正して再考察をしたいと思います。

前回の詳しい内容については上の動画か記事を参照にしてください。

①サイコパスの世界では裁判制度はなくなっていました

公式サイトの常守のキャラクター紹介に勾留中と書かれていまして、この勾留というのが刑が執行されていない状態、被疑者、もしくは容疑者の場合に使われる言葉。

現実だったら刑が執行されて刑務所に入っている場合は収容とか収監とか言われるので。

サイコパスの世界では刑務所ではなく、潜在犯更生施設や潜在犯隔離施設ですが、こちらでも収容という言葉を使っていました。

なので、色々と考察をしたのですが、その予想の一つに裁判中だからと言ったのですが、サイコパスの世界ではすでに裁判制度はなく、全てシビュラの犯罪係数測定というコメントがございました。

これ調べてみたらその通りで、裁判制度がなくなったという発言も作中でされております。

ここに関してはわたくしの考察違いではなく、単純なミスなので申し訳なかったです。

 

②常守が勾留されている理由は1話の冒頭で判明していた

こちらに関してはミスというより、わたくし完全に気付いてませんでした。

前回の記事では常守が勾留されている理由についても色々と考察しましたが、その理由はまさかの1話冒頭で語られていました(笑)

これは完全に気付きませんでしたね~。

というか、気付いてコメントくれた人が複数いたのですが、その人たち凄いですね~!

多分、ほとんどの人が気付いてないと思うんですが。

その理由が語られているのは、Amazonプライムの場合は4:32秒から始まるシーン(テレビだとCMが入るのでもうちょっと長くなると思いますが)

灼(アラタ)が車の中で居眠りして、夢の中で父親と会話、もしくは無意識でメンタルトレースしているのかもしれませんが、そこで流れているラジオで語れていました。

ノイズがひどくて内容に全然集中してなかったのですが再度聞いてみると、

公安局局長が…された事件で…は現行犯逮捕された…元監視官のサイコパスを非公表と…

ノイズがひどくて全体の内容は1回聞いただけでは分からないのですが、何度も聞くとノイズが少し聞こえてきます。

また、全体の文脈を考えて再構成すると、

公安局局長が殺害された事件で、厚生省は現行犯逮捕された常守朱 元監視官のサイコパスを非公表とする

となるんじゃないかなと推理します。

このラジオの内容から発覚したんですけれども、局長が新しい人に代わっていたんですよね。

声はそのまま、見た目や年齢も同じような感じだったので全然気付かなかったですが、キャスト表の名前も禾生壌宗(かせいじょうしゅう)じゃなく、細呂木晴海(ほそろぎはるみ)という名前になっています。

見た目もこうやって並べてみると分かりますが、前とは微妙にルックスが違うんですよね。

これもやられましたね~、同じく気付かなかった人も多いんじゃないでしょうか?

なので、禾生局長が殺害された(実際は義体なのでそんなことはできないですが)という形で局長は細呂木に引き継がれた。

その犯人が常守ということであの地下牢みたいなところに入れたということになりそうですね。

ということで、前回の考察の一つとして予想したある事件キッカケに常守の犯罪係数が上がったという線はなさそうです。

 

③が、常守の勾留の理由は疑問だらけ

とはいえ、常守がそんなことするとは思えないですし、そもそもシビュラシステムの端末ユニットである禾生を殺害しても新しい身体を用意するだけなので意味がないんですよね。

しかも、シビュラシステムの方も常守のことを理想の市民サンプルとして重要視していたので、ハメて勾留するなんてことはしないでしょうし。

またね、裁判なしでシビュラシステムで全て決めるなら、公式サイトの勾留中という言葉はおかしいんですよね。

刑が執行された状態の収容中や収監中ではなく、被疑者段階の勾留中としているのにはやはり何かしらの意味があるでしょうね。

ここに関しては、前回の考察の一つであるビフロストや梓澤廣一(あずさわこういち)が絡んで陥れられたか、もしくは圧力をかけられたという線がありそうですね。

経済界の実力者が圧力というのはよくあるパターンですし、特にビフロストのメンバーなんて見るからに金持ってそうですからねw

これが今後どう明かされていくのかが気になるところ。

 

【修正版】PSYCHO-PASS サイコパス3期第1話の考察まとめ

サイコパス3の考察は1話目はもちろん、1話が始まる前に挙げたまとめ記事も合わせて反響抜群!
これは全8話考察していくしかないでしょう!

>>サイコパスも対象ベストアニメおすすめランキングへ

>>アニメに強い動画配信サイトおすすめランキングへ