あなたの心の結婚END:すやまたくじです。

アニメや漫画をより楽しむための考察や解説をお送りしています。

そんな今回のテーマは注目ニュース特集ー!

今週は14選。

ここでは、毎週、最近起こったアニメ・マンガ・ラノベのニュースをまとめて解説しています。

これを見れば、最近のエンタメ界の動きが分かる。

動画解説:【速報】さとりか結婚ENDひぐらしのなく頃に、アメノフル打ち切り、フェアリーテイル続編アニメ決定(約13分)

ラブコメ漫画の快挙!3期&映画化決定のからかい上手の高木さんが累計1000万部超え

先日アニメ3期&映画化が決定したからかい上手の高木さん、原作マンガもシリーズ累計1000万部突破。

1000万部と聞くと、鬼滅の刃や呪術廻戦、最近では東京卍リベンジャーズが3000万突破!とか言っているので、そこまでインパクトがないかもしれませんが、これラブコメ漫画業界では事情が変わっくる。

というのも、ラブコメ漫画はバトル漫画とかみたいにガンガンにコミックスが売れないので、最近1000万部を超えたラブコメ漫画といえば、五等分の花嫁やかぐや様は告らせたいぐらい。

この二作品も2000万部は突破していないので、高木さんはラブコメ界では連載中ベスト3に入ってくる売上を達成したわけです。

アニメ3期と映画化で、これをさらにどこまで伸ばせるでしょうか。

 

ベルセルク最終回じゃなかった

『ベルセルク』最新364話は最終回じゃなかった!

作者の三浦先生が亡くなったため、これが最後に未完になると予想されていたベルセルクですが、最新364話で最終話とはせず、

申し訳ございませんが今は未定とさせていただきます。一つだけ言えること、それは共に『ベルセルク』を作ってきたヤングアニマルとして、何より『三浦先生だったらどう思うか』ということを第一に考えていければと思っております。

と、発表。

クレヨンしんちゃんなど、過去にもアシスタントなどの別の作家が連載を継続した例があり、今後の連載継続の可能性も感じさせました。

ファンの間では、三浦先生あってのベルセルクだからやっぱりここは未完で!という意見がある一方、ここまで来たら最後まで読みたいという気持ちはあると、意見は割れている模様。

僕もここまで読んで来ただけに、最後まで読みたいという気持ちが強いですね。

今後はどうなるんでしょうか?

 

ジャンプ漫画『アメノフル』が打ち切り

週刊少年ジャンプ連載の『アメノフル』が打ち切り。

お菓子使いという能力に目覚めた人間が戦うバトルものとして、連載当初は時期が近い『アオのハコ』と共に期待されていたのですが、回数を追うごとに失速。

1巻が売れまくったアオのハコとは対照的に、こちらはコミックスも売れずに打ち切り決定。

新連載明暗分かれる形となりました。

そして、ジャンプは厳しいんじゃあ~。

 

『ドメスティックな彼女』の流石景が読者と共に新連載を決める

『ドメスティックな彼女』の流石景先生が9月15日発売の週刊少年マガジンでついにカムバック。

しかも、それだけではなく、3週連続新作読み切りを立て続けに3本掲載。

さらに、流石景の次の連載作品はアナタが決める!?と書かれていることから、読者の反応が良かった作品を新連載するという流れみたいです。

なかなか面白そうな企画するやんけ。

一週目は、ワガママ子役と元極道マネージャーの最凶コンビがおくる芸能界サバイブコメディ『極マネ!』

今までの先生と違う、ロリッ子ヒロインというのが注目どころ。

二週目は、高校生 兼 除霊師の兄弟がおくる新時代の霊伐バトル『東京GhostBros(ゴーストブロス)』

こちらは今までの先生とは違うバトルものという点は気になりますが、野郎二人が主人公というのは個人的にはあんまり心は惹かれない。

三週目は、死にたがりガールと引きこもりボーイの禁断の恋『彼女と僕のエンドロール』

これこそ先生ー!流石先生ーー!!と言いたくなる作品。

ボク的には、三週目の『彼女と僕のエンドロール』が一番面白そうですが、あなたはいかがでしょうか?

 

中国でBL規制開始

女子のみなさんにとっては悲報。中国でBL規制開始。

ボーイズラブを不良文化として排除要請。

さらに、男の娘もその対象ということで、女子だけの問題じゃなさそう。

今回はオンラインゲームに対する規制ですが、すでに芸能界とかでもその問題は起こっているそうで、アニメ業界にもいつ飛び火するか分からない状態。

中国のBLアニメといえば日本でもヒットしている『魔道祖師』などがありますが、これらが今後制作されることが無くなっちゃうかもしれない。

 

『竜とそばかすの姫』が『バケモノの子』超えで細田守監督の最高記録更新

『竜とそばかすの姫』がまたまたやってくれました。興行収入58.7億円突破!

これで『バケモノの子』を超えて細田守監督の最高記録更新。

あいかわらず口コミはコア層を中心に手厳しいことも書かれていますが、ライト層からは概ね好評ということでこの記録に繋がったんでしょう。

賛否両論巻き起こるのも大ヒット作の宿命ということで。

 

秋アニメ『ルパン三世 PART6』から次元の担当声優が変更へ

秋から放送開始の『ルパン三世 PART6』で、唯一のオリジナルキャストだった次元大介もついに声優交代へ。

50年の節目でついに次元も交代ですね。

初代・小林清志さんから大塚明夫さんに。

ガンダム0083を知っている人からは、デラーズ・フリートからアナベル・ガトーに想いは託されたなんていう人も。

発表と共に公開された新PVではさっそく大塚さんが演じて、声優が変わっても渋い次元大介を演じています。

ちなみに、パート6の初回放送は、小林清志さんが最後に次元を演じる作品『EPISODE 0 ―時代―』を放送。

初回からいきなり熱いエピソードになりそうです。

 

秋アニメに神アニメ『宇宙よりも遠い場所(よりもい)』も降臨

激戦の秋アニメになんと、更なる神アニメが追加。

よりもいこと宇宙よりも遠い場所が再び再放送決定。

1月に再放送されたばかりなのに、10月にすぐ戻ってくるこの人気っぷり。

秋は激戦だから今回はスルーしようかなと思いつつも、また見ちゃうからやめなさいと。

また泣いちゃうからやめなさいと。

激戦の秋がまた一段と忙しくなりそうです。

 

本好きの下剋上3期が2022年春放送決定&再放送もスタート

本好きの下剋上3期が2022年春放送決定。

しかもこれだけで終わらず、10月から1期・2期の再放送も決定。

また、激戦の秋に名作を放り込んでくるよ。

どんだけ放り込んでくるんだよっ!?秋は眠れらせない気かっ!?

とはいえ、本好きの下剋上好きだったら、やっぱりチェックしちゃうよね。

 

デート・ア・ライブIV(4期)は2022年に放送延期

かと思ったら、秋の注目作の一つ『デート・ア・ライブIV』は2022年に放送延期に。

この延期があったから、よりもいの再放送とかが決まったのか?

放送延期の発表と共に公開されたPVは、なかなかの出来に仕上がっていたので、このクオリティを保つための延期でしょうか。

3期ではけっこう作画叩かれていたので、制作会社も変えて、今回は気合を入れてるのかもしれません。

 

FAIRY TAIL(フェアリーテイル)の続編がアニメ化決定

エデンズゼロもアニメ放送中、真島ヒロ先生のフェアリーテイルの続編がアニメ化決定。

とはいえ、フェアリーテイルって原作もアニメも完結して続きはないんじゃないの?と思うかもしれませんが、マガポケの方で別の作者によって連載が続けられていたみたいです。

しかも、本編の続編となる100クエストという物語でネームも原作者の真島先生が担当。

絵は違うけど、しっかりと続編と思ったら、

絵もかなり似ているんですけどーっ!?

最近の別作者が描く絵のクオリティが上がりすぎじゃあ。

まだアニメ制作会社などの詳しい発表はありませんが、当然アニメ版だと本編と変わらない絵柄描いてくることでしょう。

 

大逆転でシャドーハウス2期決定

大逆転でシャドーハウスがアニメ2期決定。

シャドーハウスは円盤売上1000枚以下の爆死、動画配信の再生数も日本国内では2021年春アニメではトップ10に入れなかったレベル。

さらに、動画配信の稼ぎ頭である中国のビリビリ動画やネットフリックスでは配信自体されてない

100万部突破した原作マンガもアニメ化でそこまで爆発的に売れたわけじゃない。

ということで、2期の可能性は低いと言われていたのですが、そこから大逆転の2期決定。

詳しい事情は不明ですが、原作者のTwitter情報によると、1期の脚本を監修した頃は1クールだけという話だったらしいので、最初から2期が決まっていたとかというわけでもなさそうです。

これらの状況から推測すると、日本や中国以外の欧米でかなり手応えがあったということなんじゃないでしょうか。

1期では原作8巻中7巻の途中まで一気に早足で進めましたが、原作のストックがない中、すぐに2期を決定したということは、1期では描かれなかった原作エピソードと、またアニメオリジナル展開も入れてくるのかもしれない。

2期でも引き続き、原作者の脚本監修は続くみたいです。

 

ネットフリックスが日本アニメを救う

ネットフリックスが日本アニメを救う。

昨今のアニメ業界の人材不足、アニメ制作会社の赤字ラッシュを受けて、ネットフリックスが東京にクリエーター、アニメ制作会社の支援を強化する『Netflix アニメ・クリエイターズ・ベース』を開設。

様々な機材やスペースが提供され、長期的にアニメ制作のツールの技術進歩やコストを下げる支援する取り組みを強化していく。

国や日本の会社がやって欲しかったことをネットフリックスを行う。

なんだかうれしいような悲しいような複雑な気分。

とはいえ、ネットフリックスを通じて、日本のアニメが海外で売上を伸ばしているということはたしか。

今回の支援で制作ツールの技術アップとコストダウンが成功し、さらに海外の売上が広がれば、日本のアニメ業界にとってもプラスになることは間違いない。

 

レナ&魅音に続き『ひぐらしのなく頃に』梨花&沙都子&羽入も花嫁姿

『ひぐらしのなく頃に』結婚ルートはまだまだ終わらない。

先週はスマホゲーム『ひぐらしのなく頃に 命』にて、ストーリー『恋を呼ぶ……K?!』にて、レナ&魅音の花嫁姿が見えると紹介しましたが、沙都子と梨花の花嫁姿はなし。

沙都子は梨花も見せんかーい!とツッコんでいたさとりかファンの方、お待たせ致しました。お待たせし過ぎたのかもしれません。

『恋を呼ぶ……K?!』に続いて、『戦場のウェディングベル』イベントも発生。

さとりかの花嫁姿も登場じゃーい!!

しかも、それそれのピンだけでなく、さとりかバージョンも登場じゃーい!

沙都子と梨花は圭一じゃない、さとりかで結婚だ!というファンもいましたが、それが実現した形となりました。

そして、これはひぐらしのなく頃に卒も、さとりかの結婚ENDで終わると期待してもいいんですか?

それに加えて、沙都子と詩音バージョンもあり。

これはひぐらし卒、まさかの沙都子ネトラレ、沙都子と詩音の結婚ENDもあるかもしれない。

さらに、梨花ちゃんは羽入相手のバージョンもあり。

さとりか以外の結婚ENDも見れるのかもしれない。

あと、出来ればエウアバージョンもちょっと見てみたかったよw

 

アニメ漫画ラノベ注目ニュースまとめ

今回の注目ニュースをまとめると、ひぐらしの結婚ENDはまだまだ止まらなかった。
そして、中国のBL規制にネトフリの業界支援。
日本のアニメ業界にとっても無視できない大きな動きが起こっていた一週間。

>>紹介作も対象ベストアニメ100ランキングへ

>>紹介作も対象ベスト漫画100ランキングへ

無料OK!漫画を一番お得に読む方法

電子書籍のメリットは無料から読める&紙の本より新刊が安い。

試し読みならどんな本でも、作品によっては数冊まとめて無料で読むことも。

さらに、クーポンやポイントを利用すれば、新刊でも割引で購入することもできます。

そんな電子書籍サービスを、紙の本やマンガアプリも含めて、全て実際に利用して比較しました。

それぞれのメリット・デメリットを交えながら、おすすめランキング形式で紹介。

これを見れば、あなたにとって一番最適な漫画の読み方が分かる。

>>無料OK!一番お得にマンガを読む方法ランキングへ