あなたの心の5・7・5:すやまたくじです。

今回はそんな『川柳少女 原作9巻』は琴姉派だったら、アニメ派もマガジン派もマガポケ派も必見な内容ということをお伝えしたい!

俺はアニメ派で原作読んでないよ~という人でもぜんぜん問題ありません。

ヒューマンアカデミー

動画解説:琴姉好きならアニメ派も必見【川柳少女 原作9巻】切ない恋の物語(約5分)

川柳少女 原作9巻の概要

  • ジャンル:4コマ漫画、ラブコメ、学園
  • マンガ掲載誌:週刊少年マガジン
  • 作者&掲載期間:五十嵐正邦・2016年~
  • アニメーション制作:CONNECT
  • キャスト:雪白七々子・花澤香菜、毒島エイジ・畠中祐、片桐アマネ・矢作紗友里、大月琴・逢田梨香子、矢工部キノ・久野美咲
  • 放送期間:2019年・全12話(15分放送)

『川柳少女』とは、週刊少年マガジン連載の川柳をテーマとしたラブコメディで2019年春にアニメ化もされました。

原作では4コマ漫画でギャグ寄り路線ですが、アニメではシリアス寄りなラブコメ路線で七々子がかわいい!七々子が癒される!とハマった人も。

それがキッカケで原作を買った人もいますが、4コマ漫画なギャグ路線が思っていたのと違う…といった意見も。

が、安心してください!

この9巻は全編4コマじゃない普通のマンガ方式、普通のラブコメ漫画のように楽しめます。

僕はどっちかというとアニメより4コマ漫画のギャグ路線が好きでしたが、この9巻に関してはやられましたね~

今までで最高の出来でした!

川柳少女は4コマじゃなくて、こっちのラブコメ路線の方がいいかもと思ったほど。

>>【試し読みOK】川柳少女も含むラブコメ漫画おすすめランキングへ

>>川柳少女も含むショートアニメおすすめランキングへ

>>川柳少女の個別感想・評価・考察へ

 

原作9巻の内容はアニメ2話のラストの続き

でも~、原作読んでないと話が分からないんでしょう~?

と思ってる方、

安心してください、分かりますよ。

というのもですね、9巻の内容はアニメ2話ラストの続きだからです。

アニメ2話で琴姉が初登場するのですが、本編では終始下ネタを言う残念美人という感じでしたが、

ラストにアマネ部長と下校シーンがあるの覚えていますかね?

その二人の会話で琴姉に好きな人がいるのか?という話になりますが、

琴姉がエイジとの出会いを回想しつつ、好きな人がいても自分はお姉さんだから今のままでいいよといったちょっと切なく締めるシーン。

9巻は琴姉の卒業に合わせて、その恋の決着を1巻丸ごと使って描いています。

なので、アニメしか見てない人でも大丈夫!

キャラや話もアニメに出てきたものだけとなっています。

琴姉の恋が切なくてね~、泣ける!

というか、琴姉がメインヒロインでいいじゃない!と思えてくるほどに。

 

全編描き下ろしなのでマガジン派やマガポケ派もコミックスを買わないと読めない

ちなみにこの9巻は全編描き下ろし!

なので、マガジンやマガジンのマンガアプリ『マガポケ』で川柳少女を読んでいる人もコミックスを買わないと読めません。

冒頭の1話目だけはマガジンで掲載されて、マガポケでもポイントを払えば今でも読めるようになっていますが。

でも、冒頭1話目だけポイント払って読むぐらいならコミックス買って全話読んだ方がいいですしね。

 

特装版9巻にはアニメ2話も収録されている

この9巻は通常版の他に特装版も販売されていまして、特装版ではアニメ2話を含む1~4話を収録。

なので、特装版だったら原作とアニメでより琴姉エピソードが楽しめる。

まあ、動画配信に入ってたらそっちで見ればいいですが(笑)

ちなみに、原作で琴姉が登場する1巻ではこのアニメ2話のラストのシーンはないんですよね。

本編の内容はこの1巻に全部収録されているのですが。

この9巻のエピソードに合わせて追加したのかもしれませんね(商売上手)

もしかしたら、僕が忘れているだけで他の巻で入ってたのかもしれませんがw

 

川柳少女 9巻のまとめ

川柳少女 9巻は琴姉の泣ける切ない恋愛ドラマが詰まった1冊。
琴姉派なら、アニメ派もマガジン派もマガポケ派にもおすすめ。

>>【試し読みOK】川柳少女も含むラブコメ漫画おすすめランキングを見る

>>川柳少女も含むショートアニメおすすめランキングを見る

>>川柳少女の個別感想・評価・考察を見る

紹介した作品も無料試し読みOK 通常アニメもけしからん作品も圧倒的見放題 オタク専用街コン