あなたの心のアニメ2期:すやまたくじです。

アニメをもっと楽しむ記事をお送りしています。

今回はそんな『慎重勇者〜この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる〜』最終第12話の感想を考察も交えながら語っていきます。

また、最終回では発表されなかったアニメ2期の予想もしていこうと思います。

動画解説:【慎重勇者 最終12話】の感想・考察とアニメ2期予想~リスタのレディ・パーフェクトリーと聖哉の最後編(約11分)

『慎重勇者〜この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる〜』第12話の感想・考察

今度こそハッピーエンドな最終回。

今までのギャグや顔芸は全ては前振りだったんじゃないか?と思えるようなドシリアスな回となっていましたね。

そんなドシリアスな回でも、リスタは隙間でギャグを放り込んできましたけどw

最終バトルの感想と、そこから気になった部分の考察。

最後にアニメ2期の予想をしていこうと思います。

ちなみに、わたくしは原作ラノベは読んでないので、先の展開は分からない状態で考察しております。

>>慎重勇者も含む2019年秋アニメおすすめランキングへ

>>慎重勇者も対象ファンタジーアニメランキングを見る

 

遊びなしのクライマックスバトル

12話はいきなりクライマックスバトル!

リスタ達が着いたときには魔王と聖哉かなりやり合っておりましたからね。

しかも、すぐに破壊術式を使ってトドメを刺そうとする。

この辺のバトルを引き延ばさないテンポの良さも慎重勇者の魅力の一つでしょう。

一番見せたいのはそこじゃないよ!というメッセージが込められているような。

ただね、

魔王つよすぎじゃねえ!?

とここはちょっと突っ込んでおきたいですけどね。

基本は聖剣イグザシオンじゃないと傷つけられないし(聖哉は合成という機転を利かせてダメージを与えておりましたけれども)、破壊の女神直伝の必殺技『破壊術式 天獄門(ヴァルハラ・ゲート)』にもかなり抵抗するし。

S級世界の魔王って神レベルに強くない!?

それを人間に退治させようというのはなかなかのパワハラな依頼だと思うのですが。

そんな神レベルの魔王相手にステータスが劣っているのに、勝ってしまう聖哉の慎重さと機転はもの凄い。

俺TUEEEとタイトルに付いている割には、チート主人公にありがちな力技だけで押し切るというのは意外とあんまりやってないんですよね。

この辺もわたしく、慎重勇者の好きなところでした。

 

リスタのレディ・パーフェクトリー

聖哉の次はリスタが魅せます!

オーダー!女神リスタルテが持つ治癒の神力(しんりょく)、その全てを開放したまえ!

天獄門(ヴァルハラ・ゲート)の反動で死にかける聖哉を神界の掟を破っても助けようとするその姿と、ヴァルハラ・ゲートのダメージを超えるスピードで回復させる。

ついに本気のメガミックパワーが見れてましたねw

今度こそハッピーエンドで終わろう

の一言が飛び出したときはさすがに『あっ!』とホロリと来そうになりました。

顔芸担当のリスタルテのくせに生意気な!という感じでございますけれども(笑)

ただその後は、

やっぱり顔芸とギャグを見せるんかいっ!?

慎重勇者らしからぬドシリアスな最終回で、唯一ここだけ笑いで攻めてきましたね。

どんな時でも笑いの姿勢を忘れない、リスタに芸人女神の称号を与えたい。

そして、聖哉はリスタと前の世界では恋人だったということをおぼろげながらにでも覚えているのかなと思ったら、キスを頑なに拒否するなどそういうわけではなかったのですねw

 

今度こそハッピーエンドと見せかけて

そんなリスタのメガミックパワーの力で今度こそハッピーエンドと見せかけて、

やっぱ魔王、生きてんのかい!?

ヴァルハラ・ゲートもこじ開けてくるって、S級世界の魔王、ちょっと強すぎじゃありませんかと。

ヴァルキュレが神の力を発揮してもけっこういい勝負するじゃないですかね。

ヴァルキュレが相手をしたチートな死神タナトスもヴァルハラゲートで一発KOでしたからね。

けれど、我らが慎重勇者はそれすらも読んでいた!

第弐天獄門(ヴァルハラゲート・アナザー)で今度こそしっかりと魔王にトドメを刺す!

そこにシビれる、あこがれるゥなこの慎重すぎる男でございます。

そして、そんな強いを魔王を葬ることができる冥界の使いって何者?

この冥界も神界とは別の場所なんですかね。

 

男前すぎる聖哉

最終回で一番ホロリとさせられたのは間違いなくここでしょう!

それは聖哉の散り際!

メガミックパワーを開放したリスタの治癒力を持ってしても、ヴァルハラゲート・アナザーのダメージは回復しきれない。

冥界の力はどんだけすごいんだよ!?と思います。

あと、アナザーのときの聖哉は血が噴き出すというより砕けておりましたけれども、あれはどういう状態なのかな?と思って調べてみたら、石化させてるみたいですね。

なので、最終的に砕けて散りとなるみたいです。

さて、聖哉の方に話しを戻しますと、最後の散り際に一人一人に声をかけていくというのは王道ですが、やはりグッとくるものがある。

特に聖哉はこれまでが傍若無人の言いたい放題だったので、そんなキャラが急に優しい言葉をかければ、そのギャップでリスタやエルルやマッシュじゃなくても泣いちゃうよと。

実はそんな風に思っていたのかよ!?というトンデモないツンデレを喰らわされました。

最後に王女ティアナの姿を思い出す演出なんかがまた『あっ!』となりました。

今までの性格の悪さを全部このためにあったのか!?という見事な散り際でした。

 

俺たちの戦いはこれからだ!

が、俺たちの戦いはこれからだ!というような締めでしたね。

ヴァルハラゲート・アナザーによって連鎖魂破壊(チェイン・ディストラクション)の効力もまた飲み込まれていた。

これにより、聖哉は無事、元の世界に戻って生きていた。

どうなんですかね?慎重勇者だったらここまで読んでたんですかね?

もしも、読んでいたんだったら、

策士!?聖哉策士!そして、散り際の涙を返せw

読んでてあの散り際の雰囲気を出せるんだったら、演技派でもございますよね。

そして、イシスターは罰と言いながら、もう一度聖哉と旅をするチャンスを与えたことで、ネット上では『イシスター優しい』なんて声が飛び交ってましたが、

俺は騙されねえからね!?

攻略しないといけないのはゲアブランデを超えるSS級難度となった『イクスフォリア』に加えて、今度はリスタの治癒魔法も封じられて、聖哉も弱体化してるわけですから。

S級の魔王でも神クラスに強かったのに、SS級になったらもっと強いでしょう。

だからそれを人間にやらせるんじゃないよ!と、お前がやれよ!と。

いっつも座って暇そうにしてんだから。

あとね、最終回のアリア、いつも以上にデカいなおっぱい!

部屋から出たせいなのか?最終回のアリアを描いている人の影響なのか?

こんなにデカかったっけ?

リスタよりもアリアばっかり見ちゃってましたねw

リスタの代わりにアリアがイクスフォリア攻略に行きます!って言ったときは、

よし!2期のヒロインはお前だ!

と、わたくし勝手に任命しちゃいました。

1周目と2周目、どっちの性格の聖哉なのか?そして、アリアのおっぱいが本当になったのか?

この二つを検証するためにも、アニメ2期は1周目の冒険をじっくりと描きましょう!

 

最終回でも明かされなかった気になる部分

聖哉の本来の性格とか、アリアのおっぱいとか気になる部分はありますが、

やっぱり一番気になるのはゲアブランデの魔王がなんで神や勇者の本来の魂まで殺せる連鎖魂破壊(チェイン・ディストラクション)を持っていたかですよね。

てっきり相手側にも神が関っていると思ったのですが、魔王の正体はよく分からないまま倒されたので、ここに関しては迷宮入りですよね。

特に関わってなかったのか?それとも、この後にそういった部分も明かされるのか?

ちなみに、アニメ1期は原作小説の1~2巻の部分。

そして、この記事を書いている時点で原作は7巻まで刊行されています。

3巻からはイクスフォリア編ということで、これ以降に敵側にも神が出てくるかもしれないですね。

 

アニメ2期の可能性は?

さて、ではそんな慎重勇者のアニメ2期の可能性は?

現時点では円盤が発売されてないので、予想にここの数字を入れることは出来ませんが、仮に円盤がたいして売れてなくても僕はアニメ2期あるんじゃないかなと思います。

その理由は動画配信が絶好調だったから。

動画配信は再生数が多ければ多いほど収入が増える仕組み、YouTubeなどと同じですね。

そして、慎重勇者は1クールを通してトップクラスの再生回数。

dアニメストアの週刊ランキングではほぼ毎回1位を取っておりました。

今は円盤売れなくても続編が決まるパターンが多いですが、その大きな理由の一つに動画配信の存在があります。

そして、この2019年秋アニメはバンバン続編が決定しておりますからね。

慎重勇者もその流れに乗ってくるんじゃないでしょうか。

 

『慎重勇者〜この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる〜』12話の感想・考察まとめ

第12話は今までの笑いをすべてフリにするようないい最終回でした。
アニメ2期も待ってるで。

>>慎重勇者も対象ベストアニメおすすめランキングへ

>>アニメに強い動画配信サイトおすすめランキングへ