あなたの心の週刊少年ジャンプ:すやまたくじです。

お久しぶりに戻って参りました、ジャンプ最新号のコーナーが。

前はその週のベスト10をランキング形式で発表していましたが、今回のリターン版では気になった作品を3つピックアップして集中的に感想や考察を語っていきたいと思います。

ジャンプ最新号の内容に触れるので、まだ読んでない方はネタバレ注意でお願いします。

動画解説:最新【鬼滅の刃178話、僕のヒーローアカデミア246話、ハイキュー369話】週刊少年ジャンプ46号の感想・考察(約8分)

週刊少年ジャンプ46号の感想・考察

今回語るのは、ハイキュー369話、僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)246話、そして今一番勢いがある鬼滅の刃178話も外せないでしょう!

これらを順番に語っていきたいと思います。

ちなみに、わたくしは少年ジャンプ+の電子版を定期購読しております。

紙で買うより安いのと、買いに行ったり処分したりする手間が省けるのがうれしいところですね。

>>【試し読みOK】ジャンプ作品も含む最新漫画ランキングへ

 

ハイキュー!!369話の感想・考察

ハイキューは予想外でしたよね~

決着は先週でついてましたけど、全国大会が始まった時に巻数的にもこの大会に優勝して終わるのかな?と思っていたので、まさかここで負けてさらに続くとは思わなかった。

しかも、高校2年生編じゃなくて、一気に数年後で新章突入!ってなってますからね。

高校生編にこだわらずに一気に飛ばしたのは良かったですよね~

舞台が変わればマンネリ化も防げますし、同じジャンプだったら火ノ丸相撲がそれで成功しましたしね。

次の舞台はリオっているんで全日本ってことなのかな?

でも、リオの世界大会って現実には終わっちゃってるんですよね。

なので、日向がブラジルのチームに行ったのか?それとも、現実とは関係なくリオで大会を行うのか?

どちらにしろ、楽しみな展開になりそうです。

>>ハイキュー!!も含むスポーツ漫画おすすめランキングへ

 

僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)246話の感想・考察

全てはおまえの掌の上となる。あのワン・フォー・オールすらもな

4か月後に死柄木(しがらき)さん、一体どうなっちゃうの?という状態になりました。

コミックス24巻の表紙や内容でも思いましたが、敵(ヴィラン)連合が悪の組織というよりダークヒーロー化してきたんでね、この決着をどう付けるのか?

ここまで来ると、どちらか一方をせん滅して『はい、終わり!』というわけにはいかないので。

バトルの方はもちろん、この思想のぶつかり合いがどうなるのかというのも気になる戦いですね。

>>ヒロアカも含むバトル系漫画おすすめランキングへ

 

鬼滅の刃178話の感想・考察

黒死牟(こくしぼう)戦、決着。

引き続き語られた黒死牟の過去で、鬼の方にもドラマを作って泣ける話にするのはさすがですよね。

177話で言ってた『人を妬まぬ者は運がいいだけだ』というセリフも分かる気がしますね~

それもその相手が双子の兄弟となると、逃げ場もなくなってさらにキツイだろうなと感じます。

そして、今回も色々と情報が出てきましたけど、一番気になったのは『痣は寿命の前借りに過ぎず、全盛期はすぐ終わる』というここの気になっていたポイントが決定事項になったことですね。

ということは、この無限城の戦いに勝利したとしても、痣を発現した柱などは全員亡くなっちゃうのかなと。

日の呼吸の使い手の緑壱(よりいち)は大丈夫だったので、炭治郎は平気そうですがそれ以外が…。

今回の戦いで決着が付くのか?それとも、鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が逃げて、鬼滅の刃も数年後とかみたいな展開になるのか?

鳴女(なきめ)がいるんでね、鳴女の力を使ったら撤退もそれほど難しくないでしょうからね。

続くんだったら、生き残った柱も亡くなって代替わりしそう。

炭治郎たちが柱になって新たな戦いが展開するとか。

気持ち的にはまだ読みたいですけど、このままの勢いで完結させるというのも捨てがたい。

そしたら名作!って感じで終わるので。

>>鬼滅の刃も含む泣ける漫画おすすめランキングへ

 

週刊少年ジャンプ46号の感想・考察まとめ

おひさしぶりのジャンプ最新号コーナーでした。
一緒にやっていたマガジンのコーナーを復活させるかどうかは、このジャンプの反応を見てから決めたいと思います。

>>【試し読みOK】ジャンプ作品も含むベスト版漫画ランキングへ

>>ジャンプ系も含むおすすめアプリ&電子書籍へ

紹介した作品も無料試し読みOK