あなたの心の晴れ男:すやまたくじです。

今回はそんな話題の新海誠監督の2019新作映画『天気の子』の感想をネタバレなしで語りたいと思います。

また、新海誠監督といえば存在を無視できないのが前作の大ヒット劇場アニメ『君の名は。』

ここと比べてどうなんだ?と知りたい人も多いと思うので、今回は君の名は。と比較した感想も語ります。

漫画・ラノベを無料で読む(99%OFFクーポン出現中)
スポンサードリンク

動画解説:【天気の子】ネタバレなし感想と【君の名は。】との比較も~新海誠監督の映画シリーズ(約7分)

天気の子とは?

  • ジャンル:ファンタジー、恋愛
  • 劇場公開:2019年7月19日
  • アニメーション制作:コミックス・ウェーブ・フィルム
  • キャスト:森嶋帆高・醍醐虎汰朗、天野陽菜・森七菜、須賀圭介・小栗旬、夏美・本田翼
  • 備考:新海誠監督の新作オリジナルアニメ

天気の子は、「君の名は。」から3年ぶりとなる新海誠監督の新作オリジナルアニメ。

今回も健在の新海ワールドで東京の街とそこを中心に起こるファンタジーと恋愛を描く。

美麗な風景はファンタジーシーンはもちろん、東京の街もリアルに美しく仕上げていました。

特に東京を知っている人にはより感情移入ができるようになっています。

僕も東京に一時期住んでいたので、街全体というより場所でおっ!と思える場面がいくつか出てきました。

また、これはたまたまだと思いますが、雨が多い2019年夏の異常気象ともリンクする内容となっており、雨の日に見に行った方がより作品に入り込みやすいでしょうね。

他には、君の名は。を感じさせる演出に、声優関連の仕掛けなんかもあり(この辺は分からなくても本編には直接影響ありません)

こういった遊び心も好きでしたね~

>>2019年上半期アニメ映画おすすめランキングへ

>>恋愛系アニメおすすめランキングへ

 

天気の子のネタバレなし映画感想&新海誠監督の前作『君の名は。』との比較

では、ここからは天気の子の感想を、ファンタジー・恋愛・ストーリーの3本立てでネタバレなしで語っていきます。

公式サイトやPVで明かされている情報に関しては触れていくのでご注意ください。

また、最初に言った通り前作『君の名は。』と比較した感想も語っていきます。

天気絡みのファンタジー

前作『君の名は。』は主人公とヒロインが入れ替わるファンタジーを軸に、後半にSFな展開が入ってきましたが、

今回の天気の子はタイトル通りの天気絡みのファンタジー。

PVや公式サイトを見る限りはヒロインが晴れ女という情報しか明かされていないですけれど、

これがどう展開していくのか?というのがポイントですね。

天気絡みのファンタジーについてはだいたいこんな感じだろうなという予想通りだったので、そこまで大きな驚きはなかったですね。

とはいえ、最初の仕掛けだけで終わらないのが新海監督。

そこからの展開はいくつか驚かされる部分もありました。

ただ、比べるとファンタジーでは君の名は。の方がインパクトが大きかったですね。

これは先に君の名は。を見たというのもありますが、あっちの設定が秀逸すぎる。

天気の子が弱いというより、君の名は。がここに関しては良すぎたという感じですね。

 

少年少女の恋愛

恋愛面は天気の子の方が好きですね。

離島から東京に家出してきた少年と、そこに住む少女が出会って関係を育んでいく。

恋愛ものの王道ですが、だからこそ二人の徐々に築かれていく関係性が見えるのがイイ。

君の名は。では、身体が入れ替わって間接的にやり取りすることはあっても、終盤までは直接会うことがありませんでしたからね。

あれはあれでね、だからこそ最後のシーンが活きるわけですけど。

ファンタジーとしてはあっちの方がドラマチックですが、恋愛としてはやっぱり二人が直接会って関係を深めてといくという方が僕は好みですね。

 

二転三転のストーリー

ストーリーはどちらも現実世界を舞台にファンタジーと少年少女の恋愛を絡めた展開ですが、天気の子の方がよりリアル寄りですね。

東京の知っている場所を中心に物語が展開するというのもあるのですが、現実的な問題が次々と出てくるので。

例えば、家出少年の主人公の境遇とか、PVにも出ている物騒なモノが登場したりとか、他のアニメでたまに見る保護者なしで子供だけで生活しているのが問題になったりとか。

他のアニメではまず突っ込まれませんけど、あれって実はダメなんですよね。

そこを問題にしたのはある意味で新鮮でしたね。

ストーリー展開は君の名は。が、最初から最後まで駆け抜けるようなものでしたが、天気の子はそれに比べるといくぶんギアを落としている感じ。

特に序盤から中盤はたまに駆け足になる部分もありますが、よりじっくりと描いているという印象でした。

ただ、終盤にかけての畳みかけはさすがの新海監督。

今回も泣かされた!

終盤にかけての盛り上がりはヤバいですね~

なので、テンポの良さだったら君の名は。

ギアを落とす部分で考えさせられるのが天気の子ですね。

主人公がなぜ離島から家出したのか?とか、ヒロインの家庭環境など、見ている最中にいろいろと想像が膨らみましたね。

そして、最後の締め方ですよね。

君の名は。とはまた違う胸にくるものがありました。

 

天気の子のネタバレなし映画感想&『君の名は。』との比較まとめ

どういう展開の映画が好きかで評価は変わると思いますが、僕は君の名は。の方が好きですね。
なので、君の名は。を100点とするんだったら天気の子は80点ぐらい。
ただ、君の名は。や新海監督ということを抜きにして、一つの映画として評価するんだったら面白かった!
2019年は20数作品のアニメ映画を観ていますが、ベスト10には入るおもしろさ。
年末には2019年のベスト10アニメ映画を決めようと思っていますが、そのベスト10争いには確実に絡んでくるのは間違いないですね。

>>2019年上半期アニメ映画おすすめランキングを見る

>>恋愛系アニメおすすめランキングを見る

マンガ・ラノベを無料で読む
31日間無料でアニメを見る