あなたの心の風神・雷神:すやまたくじです。

アニメをより楽しむための考察や解説をお送りしています。

今回はそんな『とある科学の超電磁砲T』第2話の感想を考察も交えながら語りたいと思います。

能力者の体育祭は一味違う。

動画解説:【とある科学の超電磁砲T(3期)2話】の感想・考察~大覇星祭で風神・雷神コンビとへそ出しカチューシャ登場(約13分)

とある科学の超電磁砲T(3期)2話の感想

能力者たちの合同体育祭

大覇星祭開幕!

学園都市の全学校参加という規模もデカければ、能力解禁なので競技もド派手。

公式サイトのキービジュアルにもなっているし、OPでもそのシーンがガンガン出てくる。

超電磁砲Tの序盤、というかもしかしたら1クールまるまる大覇星祭編になるかもしれませんね。

お祭り騒ぎで色んなキャラが出てくるし、あからさまに何かありそうなキーワードやキャラも出てくるので、これが今後の伏線になっているのかな?と、考察も捗ります。

ということで、今回も気になるポイントに絞って考察も交えながら感想を語りたいと思います。

ちなみに、わたくしはとあるシリーズのアニメは全部観てますが、原作は読んでないので先の展開は知らない状態で考察しております。

>>超電磁砲Tも含む2020年冬アニメおすすめランキングへ

>>とあるシリーズも含むSF系アニメおすすめランキングへ

選手宣誓も規格外

選手宣誓ー!

前回の運営委員会のがんばりもあって、選手宣誓は無事にレベル5の二人に依頼することに成功。

とはいえ、女王さま食蜂操祈(しょくほうみさき)と熱血根性男:削板軍覇(そぎいたぐんは)に頼んだ時点で、まともにいかないのは予想通りでございましょうw

最初はよくある体育祭の『僕たち、私たちは~』的な普通の選手宣誓でした。

けれど、途中から削板が暴走し、最後は、

戦隊ヒーローものかよっ!?

というフィナーレになっちゃったしねw

削板の言っていることも、

この大会が最高に根性の入った思い出になるようあらゆる困難・障害、艱難辛苦(かんなんしんく)、七転び八起きが立ちはだかろうとも!全て根性で乗り切る事を誓うぜ!

言葉の意味はよく分からんが、とにかくすごい自信だ!という感じでございましたw

逆に食蜂はキレるかな?と思ったのですが、意外とおとなしくて、その後の競技でもリモコン没収されて、今回はいいところなし。

あのいい感じの『え?』で出番も終わってしまいましたね。

あと、体操服は良かったよ!とw

 

もちろん、競技も規格外

選手宣誓だけじゃない、競技だって規格外です。

まあ、能力解禁でございますからね。

ただのパン食い競争だってこんなことになるw

こういう派手な能力使うキャラが出てくると、前に出たキャラかな?とか、これから物語に絡んでくるキャラなのかな?と、考察好きとしては気になって仕方ないんですけどw

なにしろ強い能力が使えるキャラは学園都市でも少数派でございますから。

また、学園都市って能力使える学生の方が少ないんだから、能力解禁にしちゃうと能力者が多い常盤台などのエリート校が有利だからズルいと思うんですけどね。

ちなみに、後半に婚后光子(こんごうみつこ)が言っていた大覇星祭覇権候補の5本指とは、学園都市の超エリート校5校のことを指してこう呼ぶらしいです。

判明しているエリート校は、常盤台中学・長点上機学園(ながてんじょうきがくえん)の2校だけでございますけれど。

そして、婚后光子の後ろで恥ずかしがっている常盤台のお嬢様が良きでございます。

 

お祭りでもマイペースな佐天&初春コンビ

そんな中、佐天&初春コンビはあいかわらず。

佐天さんは都市伝説に盛り上がり、初春は食べ歩きに夢中。

どっちも競技参加しろよ!という感じでございますがw

特に初春は風紀委員(ジャッジメント)の仕事中じゃないんかい!と。

固法(このり)先輩といい、ジャッジメントは大覇星祭に参加しないんですね。

交代制で参加させればいいのに。

そして、参加しないにしろ、体操服はしっかり着用せんかい!と。

特に食蜂にも負けないスタイルを持つ固法先輩にはしっかりと着用させんかい!けしからん!!

あと、初春は前回や今回の序盤で黒子が思い詰めていると心配していたのに、

今回ずっと食ってるだけやんけ!

心配して損しましたね。

 

シャドウメタルの都市伝説

そんな佐天さんと初春のやり取りの中で出てきたシャドウメタルの都市伝説も気になるところ。

能力者同士のガチンコの結果、他では絶対見られない現象が発生するんだって。何十何百もの能力が衝突することで、自然界では存在しない新しい金属が産まれる事があるんだって

黒子に怒られてストップしましたが、佐天さんがこういう都市伝説を話すときは、だいたい後々の伏線になりますよねw

レベルアッパーの時もそうでしたし。

シャドウメタルもまたまた実際に登場してくるんでしょうか。

 

アステカのお嬢さん

佐天さんといえば、今回はまた怪しげなアステカのお嬢さんとも出会っております。

トラブルメーカーというより、トラブルの種にすぐに接触するのが得意技?

佐天涙子、恐ろしい子っ!

そして、ジャッジメントな初春はもっと仕事しなさいw

この子は誰なのか!?という考察が捗るかと思いきや、EDのキャストにショチトルという正解出しちゃってるからね。

原作派はともかく、アニメ派は正解分からないんだから推理させる楽しみも残して欲しかったでございますけれど。

ショチトルとは、本編『とある魔術の禁書目録』3期に登場した暗部組織「メンバー」の構成員の一人で(メンバーについてはこの後に触れます)、アステカの魔術師でございますね。

その時はこんな顔で登場しましたが、超電磁砲では日本人に変装して登場したということで、バラさなかったら考察の余地は十分にあったのに。

 

暗部組織メンバーと警策看取

そんでもって、アステカのお嬢さんことショチトルが新加入した暗部組織「メンバー」について。

ショチトルと電話していたのが博士。

2話の最後に頭に付けた風船割り競技?で、御坂に何か仕掛けようと企んでいたのが馬場。

こちらもショチトルと共にとある魔術の禁書目録3期に登場していましたね。

詳しくは3期の第4話『学園都市暗部』からチェックしていけば分かります。

そして、馬場が電話して相手はEDのキャストで名前が出ていた警策看取(こうざくみとり)

こちらは新しく出てきたのでどういったキャラかは分かりませんけれど、暗部と繋がっている時点で怪しさ満点。

次回3話でメンバーとこの警策看取がどんな風に御坂に仕掛けるんでしょうか?

 

二人三脚で風神・雷神コンビ爆誕

さて、大覇星祭の方に話を戻しますと、我らが主人公:御坂美琴は黒子の代役:婚后光子と共に二人三脚に出場。

レベル5とレベル4が出てくるなんて、なんとも豪華な二人三脚でございます。

電撃使いと空力使いだから風神・雷神というコンビ名、なかなかいいじゃない!と思いまして。

これはハンデがあるとはいえ、こりゃ楽勝かなと思っていたら、意外とこの二人三脚で魅せてくれましたね。

特に藍鈴女子高校(あいりんじょしこうこう)の「体に包帯を巻いたツインテールの念力使い」と「触れたものを原材料に分解する能力者」のペアが良かったですね~

見た目も見せ所も分かってらっしゃる!

もっと活躍させても良かったよ!

そんでもって、我らが風神雷神コンビがビシッ!と締めてくれましたし。

ただ、風神こと婚后光子のエアロハンドで風をブーストみたいにして走ることは出来なかったのかな?とは思いましたけど(敵の男子生徒も炎でやろうとしてましたし)

 

海賊ラジオDJとへそ出しカチューシャ

そして、この二人三脚を実況していたのは、海賊ラジオDJとへそ出しカチューシャ。

名前も顔も見せないところから怪しさ満点でございます。

調べてみると、海賊ラジオDJはそのまんまで、様々な場所からネットを介してゲリラ的に生放送を行っているラジオのDJみたいですね。

へそ出しカチューシャことEDで名前が判明した雲川芹亜(くもかわせりあ)は、本編『とある魔術の禁書目録』のヒロインの一人らしいです。

が、アニメには本編にも登場していないので、わたくしたちアニメ勢にとっては未知のキャラクター。

わたくしは姿だけチェックしましたが、たしかにへそ出しカチューシャでございました!

さらに、体操服から覗くパイとオツの大きさは、元気のGでございました!

気になる方はぜひチェックしてみてください。

 

御坂ママとツンツン頭

またまた出ました!御坂美鈴こと御坂ママ。

今回も20歳ぐらいのお姉さんと間違われるのはもはや鉄板。

実際、今も大学に通っているんで大学生でもあるんですが、普通に考えたらどんなに若くても30代前半でございます。

佐天さんも指摘していましたが、親子で胸の大きさ大違いの91のバストということでございまして、御坂美琴もこっから大きくなるのかもしれません!

そして、その中で出てきた御坂美琴が気になるツンツン頭とは、もちろんとある魔術の禁書目録の主人公:上条当麻さんでございます。

御坂美琴と上条当麻が参加した競技と、上条と御坂ママとの出会いはとある魔術の禁書目録2期の第8話『大覇星祭』で描かれております。

 

湾内絹保&泡浮万彬のエモエモエモ

こちらはメインストーリーとは関係ないと思いますけれど、湾内絹保(わんないきぬほ)と泡浮万彬(あわつきまあや)のやり取りがエモエモエモとネット上で話題になってましたね。

いつもは婚后光子に隠れがちのお嬢さまたちのお戯れが良かったみたいですね。

お悩みは闘争心や人生で怒ったことがないというなかなかのお嬢様っぷり。

『こらー!』と怒る様はたしかにエモエモエモでございましたw

 

御坂妹も出るんだからね

べ、別に競技に参加できないのが寂しいわけじゃないんだからね、とミサカはツンデレ風に弁明します

御坂妹は本当に御坂美琴とは違った意味でキャラが立っておりますね。

このツンデレな入りはなかなかやるやんけという感じでございました。

念願かなって大覇星祭に出場!…と思ったら、その競技にメンバーの馬場が何かしら仕掛けようとしている。

果たして御坂妹は御坂美琴の代わりに何かやられてしまうんでしょうか?

アニメ的にも競技的にも勝負の3話になりそう。

 

とある科学の超電磁砲T(3期)2話の考察・感想まとめ

とある科学の超電磁砲T第2話の感想をまとめると、超電磁砲って色んなキャラや伏線が多くて、意外と考察する部分が多い作品よね。
ただのバトルアクションや女の子たちの日常コメディだけじゃありません。

>>とあるシリーズも対象ベスト版アニメおすすめランキングを見る

>>アニメ向け動画配信サイトおすすめ比較ランキングへ

紹介した作品も無料試し読みOK  最短で業界人になる      ブックオフより高く売れる
ヒューマンアカデミー