モテモテやエロスには男の夢と希望が詰まっていると思う、アニメマンガ名探偵すやまたくじです。

今回はそんなハーレム要素やお色気要素のある名作マンガのオススメランキングを。

ただし、成人向けのエロ漫画は除く一般誌のみが対象。

エロスに関しては、チラリズム・寸止め・本番アリなど、より攻めた方を評価しています。

一般誌エロの限界!ハーレム&セクシー漫画おすすめランキング

チラリズムから本番ありまで。

作品の内容的な面白さだけでなく、H度も重視して順位付けしています。

1位:異世界迷宮でハーレムを

  • 異世界ファンタジー、エロス
  • 月刊少年エース:2017年~
  • 女奴隷たちを仲間にしていく

異世界なろう系チートに、ヒロインとの本番を追加。

お得意のハーレムだけでは終わらない。

ついに、普通だったらやるっしょ!

という男性側の欲望を爆発させる主人公も登場しました。

しかも、普通のヒロインではなく、全員奴隷というのも大きな特徴。

異世界では奴隷が売買されており、主人公はその奴隷を買って、冒険の仲間と夜の相手を増やしていくシステム。

序盤は展開がゆっくりで、2巻までは本番がありませんが、それ以降は安定してエロシーンあり。

特にロングバーションでは、1話丸ごと本番に使うことすらもある。

その際の描き方が濃厚なのと、画がランキング作品の中でもトップクラスにうまいため、前屈みは避けられない。

特にヒロインが複数になる7巻以降は、バリエーションも回数もグッと増える。

進めば進むほどエロさが増していくニクイやつ。

>>ベスト漫画おすすめランキング

 

2位:終末のハーレム

  • 近未来エロティックサスペンス、ディストピアSF
  • 少年ジャンプ+:2016年~
  • 本番ありのハーレム展開

マンガでもアニメでも話題沸騰。タイトルの期待を裏切らない地球規模のハーレムセクシーがここにある。

舞台は西暦2040年代。

突如発生した新型ウイルスにより男性の99.9%が死滅した世界。

ウイルスへの抗体を持つ男性が、人類滅亡の危機を救うために子作りを行うという男の夢と希望が詰まった世界。

その規模も、男性5人に対して女性50億人というワールドワイドを超えて、地球規模のハーレムが爆誕す。

数だけでなく、正統派・清純派・体育会系・ギャル・ロリ・お嬢さま・妹系・姉系など、ヒロインのキャラも豊富。

そして、成人向け漫画で有名な宵野コタローが描くベッドシーンも強烈。

大事な部分はさすがに見せませんが、本番シーンは毎巻のようにガンガン入ってくる。

一対一を基本としながらも、地球規模のハーレムなので、

女性側が複数になるプレイもかなり多い。

まさに、エロ本のような存在感を放つ一般マンガです。

本家以外にも、ファンタジー版も登場しています。

>>終末のハーレムの個別レビュー

 

3位:パラレルパラダイス

  • ダーク異世界ファンタジー、エロス
  • 週刊ヤングマガジン:2017年~
  • 女しかいない異世界に男一人

シーンの多さと過激さなら1位レベル。

女の子しかいない異世界に召喚。

しかも、異世界の女子は男に免疫がないから、触れられただけで下半身がジュンジュワー!

発情したら待ったなし。

すぐに本番が始まるまさらにパラダイス状態。

しかも、個人戦から団体戦まで、回数と経験人数の多さも1位レベル。

エロさでいったら1位にしてもおかしくない。

なのに、1位じゃないのは、発情した女の子が獣のようになってしまい、ヒートアップしたらアへ顔三昧になっちゃうこと。

たまにだったらともかく、終始この状態は特濃セックスすぎる。

ときには普通の本番でもいいじゃない。

そんな毎回ステーキのような気分になるため、個人的には1位に出来ない作品。

 

4位:年上ノ彼女(ヒト)

  • 青年向け恋愛
  • ヤングアニマル嵐:2001~2006年・全6巻で完結済み
  • ヒロインとの本番あり

大人の男女の恋愛からベッドシーンまで濃厚に描いた作品。

付き合う前や付き合いたてのカップルの描写をリアルに描く。

そうすると、避けられないのがベッドシーン。

成人向けのようにエロ主体ではないけれど、ストーリーの中にそういった描写、しかも特濃なものが入ってくる。

青年向けマンガならそういった作品も他にも多いですが、その中でこの年上ノ彼女をおすすめするのは、成人向け漫画出身の作者:甘詰留太が描く性描写が濃厚なため。

ヘタな18禁よりもよっぽど魅せる。

しかも、付き合い始めてからは、リアルと同じくガンガンにセックスを行うため、回数もそれなりに多い。

ただ、ハーレム展開などはなく、さらにHなシーンもほぼヒロインのみ。

そのヒロインも年上とはいえ童顔ロリ体型なため、童顔巨乳や豊満な年上お姉さんを期待している人にはおすすめしません。

 

5位:NIGHTMARE MAKER(ナイトメアメーカー)

  • エロティック・サスペンス
  • ヤングチャンピオン烈:2008~2012年・全6巻で完結済み
  • 成人向け漫画並の本番あり

単行本が有害図書として指定されたほどの本番あり。

願望通りの夢を見られる機器「夢見装置」を中心に展開される煩悩まみれの妄想H。

これもかなり過激なのですが、その煩悩に憑りつかれたキャラクターが、リアルでも本番三昧になってしまう。

この本番描写が18禁な成人向け漫画レベルだったので、PTAと奥さま方が激おこ。

しかも、そのシーンが多い上に、基本的な一対一以外にも、団体戦や無理やりといった過激なシチュエーションもあり。

夢の中だけでは終わらない、リアルでも男と女の欲望が爆発する。

それは有害指定図書に認定されてしまいますわ。

 

6位:ドメスティックな彼女(特装版&公式薄い本込み)

  • 恋愛ラブコメ、学園
  • 週刊少年マガジン:2014~2020年・全28巻
  • コミックス版では乳首追加などさらにH度強化

セックスお試し・不倫・セフレ・家庭内恋愛を扱うなど、少年誌にしては内容濃いめの作品。

濃い目の恋愛や人生ストーリーを軸に、そこに顔芸やコントのような笑いを混ぜてくる。

ちなみに、タイトルのドメスティックは家庭内という意味で、バイオレンスは関わってきません。

主人公とヒロインの性行為から始まるという衝撃的な1話目で、まずはガッチリと掴まれた作品。

また、女性の裸体にこだわっており、雑誌掲載時ではなかった乳首が、コミックスではバッチリと描かれているのも特徴。

さらに、本編では描けなかったいやらし過ぎるエピソードは、

袋とじやコミックスの特装版として収録している。

週刊少年マガジンに収録された袋とじは、一時期ワイドショーに取り上げられるほど奥さま方が激おこでした。

これらは単行本には収録されてませんでしたが、完結後に公式薄い本として、本番三昧のコミックスが爆誕。

本編でもあったヒロインとの本番以外も描かれている妄想バージョンもあり。

>>ドメカノのアニメ2期予想

 

7位:ガイシューイッショク!

  • お色気ラブコメディ
  • ビッグコミックスペリオール:2017年~
  • 男と女の絶対に負けられない戦い

BだけでC以上のドキドキを演出する同居系セクシーラブコメ。

ヒロインは小柄で童顔巨乳だけど性格は最悪。

そんなヒロインがお金が無いからと、赤の他人の主人公の家に弱みを握って転がり込んできた。

居候なのにやりたい放題のヒロインにストップをかけるため、主人公は勝負することになる。

男と女の絶対に負けられない戦い。

それは、男が触って声を出させたら男の勝ち。女が耐えて男の下半身が元気になったら女の勝ち。

…って、バカっ!?

とツッコミたくなるおバカな展開ですが、元々は成人漫画で活躍していた作者だけあって、そんな寸止め状態でもかなり見所あり!

胸を触るシーンだけでも無限のエロのファンタジーあり。

かと思ったら、快感に耐えるヒロインが、たまに強烈な顔芸を見せることもある笑い的にも油断できない作品。

 

8位:インフェクション(特装版込み)

  • パニックサスペンス、SFアクション、セクシー
  • マガポケ:2016年~
  • 随所に女の子たちとのイベント

いわゆるパニックサスペンスのゾンビ系に女子のセクシーを混ぜてくる。

週刊少年マガジンで連載されている時は、少年誌の限界を攻める形のセクシー。

ヒロインの一人がなぜかパンツを脱ぎ出したり、妹と一緒にお風呂に入ったりトイレに行ったり。

これもかなり攻めていますが、マガポケに移籍してからはさらにエロス全開。

極限状態に置かれた人間の本能が剥き出しになるエログロはもちろん、主人公に想いをよせるヒロイン達との関係もガンガンに進んでいく。

ストーリーが進めば進むほどこの描写が過激になって、ついには主人公との本番あり。

成長型のセクシー漫画がここにありました。

 

9位:科学的に存在しうるクリーチャー娘の観察日誌

  • 異世界ファンタジー、SF、エロス
  • マンガクロス:2017年~
  • 異世界でモンスター娘たちと一夫多妻

クリーチャーと呼ばれる半人半獣の姿の亜人が存在する異世界での本番あり。

最初の主人公はチートやバトルはなく、現代の知識を使って亜人たちを助けていく。

そして、助ける過程でどんどんヒロインも増えていくパターン。

また、主人公は亜人たちのハーレム王になる!という野望を持っており、異世界召喚で一夫多妻の充実ハーレム新生活スタート。

ヒロインたちとは本番ありのうやらまけしからん!の正統派。

ただし、亜人といってもアラクネ(下半身が蜘蛛)・ハルピュイア(腕が羽)・マーフォーク(リアルな人魚)など、よく異世界ファンタジーに出てくる人型に近いものではなく、獣や魚側に近いのが好き嫌いが分かれるところ。

さらに、本番中に主人公が科学的分析をしちゃうので、エッチのときのあえぎ声とかは楽しめないので注意。

しかし、それも途中から登場するもう一人の主人公側である程度解決。

こちら側では知識だけでなく武力も行使する展開の違いと、ヒロインは人型のゴブリンや人間もいるのが大きな違い。

こちらなら他の本番ありマンガのように楽しめますが、最初の主人公よりシーン自体が少ないのがざんねん。

 

10位:ヒットマン

  • マンガ編集者、漫画家、ラブコメ
  • 週刊少年マガジン:2018~2021年・全13巻
  • コミックス版に描き下ろしHあり

オレ達がもう一度マガジンを日本にする!!

単行本にはHなオマケ漫画が毎巻ついてるって本当ですか?はい、本当です。

そんなフレーズが連載されてる週刊少年マガジンにも描かれてた。

先にランキングに登場した『君のいる町』『風夏』と同じ、マガジンのラブコメ王:瀬尾浩二先生のシリーズ的な繋がりもある恋愛ラブコメ。

今度は週刊少年マガジンを舞台とした漫画家と編集の仕事と恋愛。

熱い編集と漫画家のストーリーを描きつつも、

二人が付き合ってからは本番シーンも入ってくる少年誌ではかなり攻めた作品。

マガジン本誌の時もギリギリのラインを攻めていましたが、単行本ではHなおまけ漫画も付けてさらにお色気開放。

特にヒットマンはヒロインが肉食で、騎乗位でガンガンに主人公を攻め立てるというプレイが確立しているのも特徴です。

 

11位:サタノファニ

  • サスペンス、エロス、ヴァイオレンス
  • 週刊ヤングマガジン:2017年~
  • 男女問わず攻めた描写

キャッチフレーズは、サスペンス×エロス×ヴァイオレンス。

少女たちが殺人鬼の人格をインストールされ、殺し合いに巻き込まれていくというストーリー。

設定はかなりシリアスなサスペンスヴァイオレンスなのですが、そこにかなり攻めたエロスも加えているのがサタノファニ。

しかも、回数が多いだけじゃなく、シチュエーションも多彩のも特徴。

男女のオーソドックスなものからお仕置きプレイや背徳プレイ。

さらに組み合わせも、女性同士・男の娘・フタナリなど、シチュエーションだけならこのランキングの中でも1位レベル。

様々な本番を楽しみたい人に一番おすすめしたい一品です。

 

12位:君のいる町&風夏(妄想H版込み)

  • 恋愛、青春、音楽(風夏のみ)
  • 週刊少年マガジン:君のいる町・全27巻+1、風夏・全20巻+1
  • 妄想初体験を収録したスペシャル版

どちらもシリーズとして繋がりもあるちょっとHなマガジンのラブコメ漫画。

君のいる町は恋愛ラブコメど真ん中!といった感じで、風夏は恋愛ラブコメにバンド活動を加えた内容ですね、

どちらもお色気は少年誌にしてはちょっと強めと言った感じですが、

それぞれ主人公と結ばれなかったサブヒロインや脇役キャラと結ばれた妄想シリーズ

『君のいる町 妄想200話 SPECIAL EDITION』と

『風夏 ヤっちゃう!? ヒロインとの妄想初体験 SPECIAL EDITION』

があるのが特徴。

どちらも本編ではハッキリと描かれなかったメインヒロインを含めて、最後の一線を超える妄想Hが描かれています。

メインヒロインとの本番が楽しめるだけでなく、本編では敗れた負けヒロインや、まったくそんな関係にならなかったサブキャラの本番もあるのもうれしい。

妄想H版は一冊まるまる本番三昧。


>>君のいる町&風夏も含む瀬尾公治特集

 

13位:天上天下

  • 青年向け格闘バトル、伝奇ロマン
  • ウルトラジャンプ:1997~2010年・全22巻で完結済み
  • 随所に入ってくるセクシーシーン

圧倒的な絵のうまさと、魅力的な美少女を描くことで有名な大暮維人の最初の大ヒット漫画。

ストーリー自体はバチバチの伝奇格闘バトルなのですが、その中で随所に入ってくるセクシーシーンと普通のバトル漫画との大きな違い。

魅力的な美少女の裸体が出て来るだけでなく、初期の頃は直接的なシーンまで入ってくる。

大暮維人がもともと成人向け漫画でデビューしただけあって、男女の絡みの描き方も神作画級。

これが元成人向け漫画家の実力かと言いたくなる位に。

カラー版もあり、さらに乳首なども普通に出てくる。

18禁じゃないけれど、雰囲気はもはや18禁。

できれば、化物語を描いている今のさらに磨かれた神作画で、再び本番シーンを描いて欲しいほど。

 

14位:BASTARD!!(バスタード)-暗黒の破壊神-

  • ダークファンタジー
  • 週刊少年ジャンプ⇒週刊少年ジャンプ増刊⇒ウルトラジャンプ:1988年~
  • コメディで誤魔化しつつも過激な性描写

80年代の奥さま方をやきもきさせたジャンプ黄金期の問題作。

魔法使い:ダーク・シュナイダーと大神官の娘:ティア・ノート・ヨーコを中心とした剣と魔法のファンタジー。

物語当初はヒロイック・ファンタジー要素が強かったですが、物語が進むにつれて天使や悪魔が登場したり、SFな要素が加わったりと、どんどんダークファンタジー寄りに。

そして、連載初期から話題となっていた過激な性描写は少年誌の限界突破。

胸の突起物を描くのは当たり前。

ジャンプ連載時も寸止めとはいえ、もはや本番なプレイの数々。

さらに、週刊少年ジャンプからウルトラジャンプに移籍してからは、さらにセクシー度と本番度を高めてくる。

コメディで誤魔化していましたが、

いや、それ発射しちゃってるーーーっ!?

という際どいシーンまで。

ざんねんなのはシーンの数が少ないのと、2012年を最後に未完のまま新刊が出ていないこと。

>>BASTARD!!も対象の1980年代漫画ランキング

 

15位:聖痕のクェイサー

  • 学園伝奇バトルアクション、お色気
  • チャンピオンRED:2006~2016年・全24巻で完結済み
  • 力を得るために乳を吸う

敵と戦うためにヒロインたちの乳を吸う。

女性の聖乳(ソーマ)を吸って、元素を操る錬金士『クェイサー(震わせし者)』の活躍を描いたバトルファンタジー。

戦うためには女性の乳を吸う必要があり、戦闘の度に授乳を行う

設定が天才かっ!?

と叫ばずにはいられないファインプレー。

乳を吸われて、時には女体化して自分も吸われる。

そのため、連載当時は成人指定のない乳房を吸うマンガとして注目されていました。

本番なしのB止まりとはいえ、回数が多い上にキャラも巨乳から貧乳、ロリッコまで揃いまくり。

Bだけのファンタジーでも、油断するとすぐに前屈み状態です。

 

16位:ゴブリンスレイヤー

  • ダークファンタジー
  • 月刊ビッグガンガン:2016年~
  • ゴブリンが女の子にハードファイト

他の異世界ものではやられ役のゴブリンが、1匹1匹は弱いけど、徒党を組むと人間も倒すこともあるダークファンタジー。

その際、男性は殺されますが、女性は凌辱されるというのがこの作品の大きな特徴。

本来のゴブリンの特性はコレだ!と言わんばかりの残虐さに、この後に他の作品のゴブリンを見ると偽物に見えてしまうほど。

特に第1話の格闘家の女の子を、ゴブリンが集団で犯すシーンは強烈。

ダークな展開も大丈夫な人なら、ゴブリンスレイヤーはまず外せない。

ただざんねんなのは、その後もいくつかゴブリンの残虐プレイは出てきますが、第1話ほどハッキリ描写がほとんどないこと。

結果、今のところ第1話がセクシー的にはピークとなっています。

 

17位:女神のスプリンター

  • スポーツ、エロコメディ
  • 月刊ヤングマガジン:2018~2022年・全7巻
  • 成績を上げるために禁欲トレーニング

陸上の短距離選手で結果を出すため、主人公が兄の嫁にトレーニングをしてもらう。

その方法が禁欲トレーニングという

って、バカっ!?

とツッコミたくなるギャグと見せかけて、それを真剣に行う艶笑コメディという新たなジャンルを開拓しました。

息子のエネルギーをタメてタメて兄嫁の足や腕を使って放出する。

プレイやないかいっ!?

とツッコミたくなる気持ちをグッと抑えて行われるシーンは、まさに本番寸前。

陸上よりもそっちのプロを目指しているんじゃないか?と思えるほど、

兄嫁以外のヒロインも増えて、プレイの回数はランキング上位にも負けない。

しかも、寸止めと見せかけて、終盤はついに本番もやっちゃいます。

 

18位:裏切られたSランク冒険者の俺は、愛する奴隷の彼女らと共に奴隷だけのハーレムギルドを作る

  • 異世界ファンタジー、本番ありハーレム
  • ニコニコ静画:2020年~
  • タイトル通り

全てはタイトル通り!いや、タイトルを超える本番があった。

1巻からお風呂やベッドで、そして覗きもありつつくんずほぐれつくんずほぐれつ。

特に最初に仲間にヒロインは、

ドMやないかっ!?

という強烈な性癖を放ってくるので、その後もエースとして活躍してくれる。

その後に仲間になるヒロインも陥没乳首を気にしたりとか、一癖も二癖もある奴らばかり。

セクシーの攻め具合はランキング上位にも負けない。

ただ、ちょっとざんねんなのは原作ラノベほど、女の子たちが可愛くないところ。

特に原作の画は、試し読みで読めるカラーイラストの部分とかがかなり良かったので、あの原作を再現してくれたら完璧でした。

 

19位:To LOVEる-とらぶる-ダークネス

  • ハーレム系ラブコメ、お色気、SF、学園
  • 週刊少年ジャンプ:2006~2009年・全18巻、ダークネス 2010~2017年・全18巻
  • ラッキースケベ&ヒロインの攻め(特にダークネスが過激)

矢吹先生のお色気マンガの原点であり頂点。

週刊少年ジャンプで連載されていた無印のときは、ちょっとHなハーレムラブコメといった感じで、ポロリやラッキースケベ、おはだけがあったぐらい。

これでも健康的なエロの究極系でしたが、ハーレムが目的となったジャンプスクエア連載のダークネスではさらにエロさが加速。

もはやラッキースケベだけでは止まらない。

もっと攻めたお触りや、女子同士のくんずほぐれつまで繰り出す。

青年はともかく、少年にとってはリビドーを開放するバイブルとなってもおかしくない。

そこにもはや芸術と言っても過言ではない、ヒロインたちの可愛さもついてくるのが、とらぶるのヤバいところ。

>>To LOVEるも含む2000年代漫画ランキング

 

20位:あやかしトライアングル

  • お色気ラブコメ、ハーレムもの、妖怪バトル
  • 週刊少年ジャンプ:2020年~
  • 主人公まで女体化

矢吹先生のTo LOVEる-とらぶる-に続くお色気は、ついに主人公女体化を繰り出してきました。

健康的なエロと、おバカなラッキースケベはそのままに、今度は主人公とヒロインの女子と女子のくんずほぐれつもあり。

しかも、ヒロインの方が肉食ということで、好きあらば女性同士でもくんずほぐれつしようとする猛者。

少年ジャンプ連載の時は控えめでしたが、規制がゆるいジャンプ+に移籍してからは、そのお色気度も全開放なダークネス状態。

ヒロインが本気を出したとき、主人公があられもない姿で恥ずかしめられる。

Cの本番はなくても、Bの究極系がここにはあります。

 

21位:ゆらぎ荘の幽奈さん

  • ハーレム系ラブコメ、お色気、ファンタジー
  • 週刊少年ジャンプ:2016~2020年・全24巻
  • ラッキースケベの手数の多さと種類の豊富さ

To LOVEる-とらぶる-の正統なるラッキースケベの後継者は、同じ週刊少年ジャンプにもいた。

地縛霊・妖怪・忍者・神など、個性豊かな女子が住む元温泉宿のゆらぎ荘が舞台。

ハーレム系ラブコメらしく、主人公以外は全員美少女。

しかも、メインヒロインは主人公の部屋に住む地縛霊。

寝起きのハプニングはもはや鉄板。

さらに、元温泉宿という設定を活かして、家の中で常にお風呂回ができる

バカヤロウー!なファンタジーハーレム設定がここにある。

ジャンプ連載だけあって、もちろん本番はなしですが、ポロリとお触りは無限のパターンでエロを攻めてくる。

幽奈さんも女の子がカワイイので、健康的なお色気好きには欠かせない聖書(バイブル)

 

22位:なんでここに先生が!?

  • ラブコメ、お色気
  • ヤングマガジン:2017年~
  • 先生と生徒のお色気ラブコメ

ギリギリ感満載のエッチなハプニングの連続

トイレの個室で女教師とバッタリと。

そんなお色気ハプニングの究極系が、なんここことなんでここに先生が!?

こういったラッキースケベ的な展開は、少年ジャンプなどにもありますが、なんここはヤングマガジン連載だけあって攻め具合が違う。

さすがに下半身の大事なところは隠すけど、乳首は丸出し!

さらに、マッスルドッキング寸前など、少年マンガでは載せられないような攻めたシチュエーションもありまくる。

本番なしの制限はあるけれど、それ以外はやりたい放題な全開放!

また、教師と生徒のカップルはエピソードごとに変わるので、様々な組み合わせが楽しめるのも醍醐味です。

 

23位:結婚指輪物語

  • ハーレム系異世界ファンタジー、ラブコメ、お色気
  • 月刊ビッグガンガン:2014年~
  • 本命の幼馴染と異世界の4人の姫たちによる夫婦生活

成人向け漫画&一般向け漫画両方で活躍するめいびい先生の本気が詰まったハーレム系異世界ラブコメファンタジー。

そのエロさは真の表紙と言われる1ページのカラーイラストで分かる。

ムチムチボディの女の子たちは、その姿と表情だけで男を刺激してくる。

さすが本場仕込みの女の子は一味も二味も違う。

物語の方は好きな幼馴染のヒロインが、実は異世界の姫で、そのヒロインの世界を救うために勇者となって、他の姫も力を高めるために嫁にするというもの。

まさに男のパラダイス!という展開ですが、意外と本番なしの寸止めとチラリズム。

けれど、それだけでもエロく見せてくるのがめいびい先生の画力。

これで本番もあれば最高なのにと思っていたら、回数は少ないですが終盤に本番もありました。

 

24位:電影少女

  • SF恋愛
  • 週刊少年ジャンプ:1989~1992年・全9巻で完結済み
  • ギリギリを攻めた裸体や性描写

ジャンプ黄金期に青少年のスケベ心と、奥さま方の激おこポイントをおおいに刺激した伝説の少年マンガ。

不思議なレンタルビデオで借りた作品から女の子が飛び出してくるという男の夢と希望を叶えるSF的な展開。

そこからちょっとエッチなお色気コメディが展開するのかと思いきや、これが意外に本格的な恋愛へと発展していく。

SF要素があるとはいえ、男性作家でありながら女性キャラクターの心理描写がリアルと話題になった作品でもあります。

そして、その恋愛模様をリアルに描くなら避けられないのがベッドシーン。

少年ジャンプのキスまでという制約の中、

裸を出さずにエッチに描くという方針で逆に際どい描写が多いのが電影少女のすごいところ。

本番なしなのに本番あり以上。

この辺は、モロに描ける成人向けにはない際どさとリアリティがあります。

>>電影少女も含むジャンプ漫画の歴史を見る

 

25位:ド級編隊エグゼロス

  • ハーレム系ラブコメ、サイエンスファンタジー、ヒーローアクション、お色気
  • ジャンプスクエア:2017~2021年・全12巻
  • Hがエネルギーとなり、敵を倒すと服が破れる

HERO(ヒーロー)はH(エッチ)とERO(エロ)で出来ている。

そんなHなパワーで悪と戦う5人のHERO『H×EROS(エグゼロス)』の活躍を描いた物語。

強くなるためには、エッチなことをしないといけない。

To LOVEるの正統なるラッキースケベとお色気コメディを受け継いだニクイやつ。

これなら息子に読ませてもお母さんも安心?なライトなお色気なので、

正直セクシー度は低いですが、本格的なエロ漫画には画のうまさと女の子の健康的な可愛さがある。

To LOVEるや幽奈さんといったジャンプ系ハーレムが好きなら、こちらも絶対に抑えておきたい一品です。

 

26位:I”s(アイズ)

  • 恋愛、セクシー
  • 週刊少年ジャンプ:1997~2000年・全15巻
  • 王道恋愛ものと見せかけて

電影少女で攻め過ぎた桂正和先生の最後の週刊少年ジャンプ連載作品。

『電影少女』『D・N・A2~何処かで失くしたあいつのアイツ~』でPTAの奥さま方に怒られて、アイズはピュアな恋愛ものでいく!…とみせかけて、紳士にはうれしいお色気のどんでん返し。

恋愛展開自体は少年マンガでよくある王道ですが、ベッドシーンやお風呂シーンなどのギリギリもリアルに攻めてくる。

To LOVEる以降に定着したジャンプのお色気コメディではなく、桂正和先生お得意のリアルで生々しいやつ。

さすがにジャンプ連載&電影少女で奥さま方に怒られたこともあって、

本番はありませんがその寸前まではけっこう描いてくる。

最後の一線は超えないのに、前屈みにさせる強烈なセクシー。

最近の少年マンガでは封印されている艶めかしさが見れます。

>>アイズも含む1990年代漫画ランキング

 

27位:食戟のソーマ

  • 料理対決・グルメバトル
  • 週刊少年ジャンプ:2012~2019年・全36巻
  • 料理を食べたリアクションでおはだけあり

成人向け漫画仕込み。元エロ漫画家が少年ジャンプで見せたおはだけという名の芸術。

食戟のソーマは、ミスター味っ子から続く、料理バトル漫画の王道。

バトルもののような激しいアクションで料理対決をし、その料理を食べたものや負けたキャラが派手なリアクションをかますというもの。

食戟のソーマの醍醐味は、美少女キャラがセクシーにリアクションするというもの。

負けて服が破れるのは当たり前。

さらに、そこに様々な食材のファンタジーを加えたり、食べるときのお口の形もなんだか怪しい。

それもこれも、作画担当が元エロマンガ家(ペンネームは変えてますが)だから出来るセクシー。

さらに、少年ジャンプに引き抜かれただけあって、女の子の可愛さも天下一品。

おはだけという名の素っ裸になるリアクションだけでも、妄想が膨らむお色気がここにある。

>>食戟のソーマも含む料理漫画ランキング

 

28位:その着せ替え人形は恋をする(着せ恋)

  • ラブコメ、コスプレ
  • ヤングガンガン:2018年~
  • ギャル&コスプレのギリギリの攻め

健全なラブコメなのに、雰囲気だけで18禁。

モノ作りが好きな陰キャ男子と、コスプレが好きな陽キャギャルの設定だけ見たら、よくあるラブコメの定番。

けれど、ヒロインのギャルが大胆なコスプレも平気でする性格なことから、お色気度がググッと上がる。

ヒロインは一人だけだけと、様々なキャラになるため一人ハーレム状態。

そこに大胆衣装と、エロくからかうイタズラ心もプラスされて、セクシー度が倍率ドン!

コスプレ撮影のためにラブホテルに行っちゃうエピソードなどは、入ってないのに、

絶対入ってるーーー!!!

と、ツッコミを入れたくなる雰囲気だけで18禁がそこにある。

乳首すら見せてないのに、このエロさは天才的です。

 

29位:一騎当千

  • 現代版三国志、格闘バトル、伝奇ロマン、お色気
  • コミックガム⇒WEB ComicGUM:2000~2015年・全24巻、真2015年~
  • 色気たっぷりのキャラの裸体満載

三国志の英雄が主に美少女となって現代日本に甦る。

実在の男を美少女化したパイオニア的な漫画。

また、ただ美少女化しただけでなく、セクシー(巨乳が圧倒的に多い)なキャラが多いのも魅力。

主人公の孫策や関羽、呂布などの有名な三国志キャラがナイスバディな美少女となって甦る。

セツのクスなどの直接的な本番シーンはありませんが、夢と希望あふれるムチムチボディの仕上がりが天下一品。

健康的なお色気を描かせたら、漫画家の中でもトップレベルに入ると言っても過言ではない。

そこから繰り出されるチラリズムやおはだけシーンは、本番がなくてもエロイズムを感じるほど。

まさに画で魅せるセクシーです。

 

無料で一般誌エロの限界!ランキングおすすめハーレム&セクシー漫画をチェックする

電子書籍なら全作品が試し読みOK&1冊丸ごと無料もあり。
紙の本派であっても、チェックの時は電子を利用するのがおすすめ。
また、アニメなら配信サイトによっては、全話無料で観れる作品もあります。

>>ハーレム&セクシーアニメおすすめランキング

この記事を書いた人

すやまたくじ

アニメ・漫画を専門に紹介するブログ&YouTubeチャンネルを運営。
アニメは3000作品ほど、漫画は5000作品ほどチェック。
クリエイターへのインタビュー、mybestで記事監修などの活動も。

詳しいプロフィール
お問い合わせ